充電ができない

スポンサーリンク

共有/後で読む

本文内の操作を行う前に必ずお願いと免責事項をお読み下さい。

充電ができない

この症状に関してはまず本体や付属品などが原因なのか、データが原因なのかを判断することが大切です。

一口に充電が出来ないと言っても

  1. 充電反応はあるが溜まるときとそうでないときがある
  2. 充電反応はあるが基本的に溜まらず、残量が増えない
  3. 充電反応はあるが、減っていく
  4. 充電反応がある時とない時がある
  5. 充電反応がない

など、色々なパターンが想定されます。

ただ、上記4と5の症状に関しては、データの可能性が無いとは言えませんが、ほぼ本体もしくは付属品の不良とみて間違いないでしょう。

本体や付属品が原因の場合は基本的に充電ができていない、もしくは充電の量が少ないということが原因になります。

この場合は修理や充電器の買い替えなどが必要となります。

難しいのはデータ原因の場合です

データ原因の場合【充電≦放電】となっていることが多く、アプリなどにより充電機能が邪魔されて充電の量が少ないか、充電は普通なのに放電する量が多いということも考えられます。

因みにアプリの中で一般的に充電機能に影響が出いやすいのは、UIやUXなどいわゆるホームアプリ、本体の最適化ツール、タスクキラー、バッテリー管理、ウイルス対策アプリなどの常駐アプリが原因なることがありますので、これらのアプリを入れてから症状が出始めた場合は一度アンインストールして様子をみるなどを試すと良いでしょう。

特定のアプリ、機能に関する作業

  1. アプリのキャッシュ削除
  2. アプリのアップデート
  3. アプリデータの削除
  4. アプリのアンインストールからの再インストール

アプリ全体の作業

  1. 無効にしているアプリがないか確認
  2. 不要アプリの削除

アプリ以外の作業

  1. 電池の消費リストを確認
  2. ソフトウェアのアップデート
  3. OSのアップデート
  4. 本体/付属品の目視確認
  5. 本体が熱つくないか/冷たくないか

ブログランキングの応援よろしくお願いします!

トップページへ戻る↓↓

515

この記事が参考になった方は以下のリンクから

記事を拡散していただくと、大変励みになります。

当サイトでは、この他にもありとあらゆるスマホのトラブル対処法をまとめています。

今後の為にもぜひ、ブックマークしておいてくださいね。

>>スマホのトラブル解決法総まとめ

>>サイトTOP

共有/後で読む

当サイトの更新情報は以下で配信しております。