ドコモユーザーがApple Payを使うなら、「dカード」がおすすめです。

共有/後で読む

Apple Payついに始まりましたね。

Apple Payには「QUICPay」「iD」「Suica」が対応しており、クレジットカードを登録することによって、街のお店やコンビニでも、スピーディーに決済することが可能です。

そんなApple Payをこれから使い始めようという方の中には、どのクレジットカードを登録しようか迷っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、ドコモユーザーやローソンなど「dポイント加盟店」によく行く方におすすめのクレジットカード「dカード」をご紹介します。

dカードってなに?


dカードというのは、ドコモが提供しているクレジットカードです。

以前は「DCMXカード」という名称でしたが、2015年12月に「ドコモポイント」「dポイント」へと変更になった際に「DCMXカード」も「dカード」に生まれ変わりました。

dカードには、「iD」機能と「dポイントカード」機能が付いており、クレジットカードとしてだけでなく、「iD決済」を利用したり、dポイントを貯めるとして「dポイントカード」として提示することも可能です。

※詳しくは「【簡単解説!】ドコモのdカード(旧DCMXカード)ってどんなカード?」でご紹介しております。

そして、このdカードの中でも、ドコモユーザーにとってメリットが大きい「dカードGOLD」が筆者の最もおすすめするクレジットカードです。

dカードGOLDはdポイントがザクザク貯まる!


dカードというのは今注目の「dポイント」を貯めるのに最善のクレジットカードです。

ドコモユーザーにとって「dポイント」というのは、利用価値が高く、まさに第2の通貨のような存在なので、この「dポイントがたくさん貯まる」というメリットは無視できないものとなっています。

関連記事:「dポイントカード」よりも「dカード」を持った方が2倍以上お得な理由とは

そして、このdカードの中でも「dカードGOLD」はポイント還元率が非常に高く、ドコモユーザーならぜひ持っておきたいクレジットカードです。

ポイント還元率のお話を少ししておくと

ドコモのポイント付与率はゴールドステージ(ゴールドカード所有者)以外のユーザーなら1,000円につき10ポイントと固定されているので、毎月10,000円払っているという人は毎月100ポイントが付与されています。

つまり1%還元ということですね。

では、dカードGOLDを持っている人(ゴールドステージ)はどうなるかと言うと

実は10倍10%還元なんです。

先ほどの毎月10,000円支払っているという人の場合、毎月1000ポイントが付与されることになるので、年間で言うと10800ポイントも差がでて来ます。

10800ポイント、つまり10800円分変わるというのはかなり大きいと思いませんか?

とくに、「シェアパックの代表回線」の方や「ドコモ光」を契約している方は、基本使用料が10,000円以上になることも珍しくないので、たくさん料金を払っている人ほどこの恩恵を活かすことができます。

一応、注意点としては年会費がかかりますので、「年会費≦獲得ポイント」にならない方は通常のdカードの方がおすすめです。

詳しくは「【簡単解説!】dカードGOLD(ゴールド)の年会費、元を取るには月々いくらから?」で解説しておりますので、気になる方は一度見てみてください。

dカード・dカードGOLD共に入会キャンペーン中!


現在、dカード・dカードGOLD共に入会キャンペーンをやっており、キャンペーン期間中の入会で、最大12000円分のiDキャッシュバックを受けることができます。
※dカードGOLDの場合

キャンペーンの詳細は「dカード入会やゴールドへのアップグレードが得になるタイミングはいつ?」もしくは公式ページをご覧ください。

-公式ページ-

dカードはコチラ

dカード GOLDはコチラ

皆さまもこのお得な機会にdカードをゲットして、Apple Payで活用してみてはいかがでしょうか?