【USB type-Cとは?】Androidスマホの充電器が変わる!Xperia XZにも採用されている新規格。

共有/後で読む

当サイトでもお知らせした通り、大手携帯各社から新モデルの発表もあり、今期もまたいくつかの新しいスマートフォンがリリースされます。

その中で気になったのが、タイトルにもある「USB type-C」という規格。

これは主に充電に利用されるコネクタの規格ですが、注目度の高い「Xperia XZ」でも採用されていることから、この「USB type-C」にも注目が集まっているようです。

さて、この「USB type-C」というのはどういったものなのでしょうか?

今回は「USB type-C」の基本と既存の「USB micro-B」との違いをご紹介しましょう。

今までの「USB micro-B」これからの「USB type-C」

b

Androidユーザーにもっとも馴染み深い規格である「USB micro-B」

上の画像では少しわかりにくいかもしれませんが、内部の片側に5つのピンがあり、スマホの差込口側にも、これがピッタリと接続できるように作られたいるため、上下逆さまにした状態では接続することができません。

「あれ?逆だ、いや入らない、なんだ最初の向きであってんじゃん」

みたいなことを皆様も一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

しかし、今後これが「USB type-C」に変わると、このようなことは起こりません。

%ef%bd%83

これが「USB type-C」です。

上下・左右がそれぞれシンメトリーになっているので、「差し込む際の向き」に制限がなく、どの向きでも差し込むことが可能です。

これによって、差し間違えによる破損を防ぐことができるため、ユーザーにとってはメリットの多いものとなります。

既存の充電器系アクセサリは買い替えが必要?

今まで、Androidを利用していた人にとって、この「USB type-C」というのはメリットの多いものではありますが、デメリットが無いというわけではありません。

ユーザーにとって、一番の打撃となるのは、「充電器系アクセサリ」の買い替えでしょう。

家庭用の充電器(ACアダプタ)や車載用の充電器(DCアダプタ)、モバイルチャージャーなどなど、スマホを使うなら必ずこれらのアクセサリをひとつは持っているはずです。

しかし、規格が変わったということは当然、今までの「USB micro-B」のものは使えないということになるので、必然的に買い替える必要が出てきます。

「買い替えるなんて勿体無い!まだ使えるのに」

と思った方もいらっしゃるとおもいますが、そういった方は「変換アダプタ」を利用するという方法もあります。

変換アダプタというのはとても便利なものですが、万が一故障した時にキャリアの修理サポート対象外になる可能性もあるため、「めちゃくちゃおすすめ」というわけではありません。

もし今使っているアクセサリ類が、購入から2年程度経過しているようなら、充電速度の問題などもあるので、いっそ新しいものに全部変えてしまう方がいいかもしれません。

ただ、いずれ買い替えるとしても、今はとりあえずこれでいいというような場合の選択肢としてはアリだと思います。

今はまだ「USB type-C」対応機器というのは少ないですが、他のデバイスとの接続を考えると「USB micro-B」よりも優れている点があるため、多くの機器が緩やかに移行していく流れのようです。

USBの規格というのは、そう頻繁に変わるものではないので、これから先はしばらく「USB type-C」にお世話になることになりそうですね。