スマホが原因の肩こりや頭痛、ストレートネック対策に枕を変えてみてはいかがでしょう?

共有/後で読む

スマホの急激な普及により、いままでよりも頭痛や肩こりを訴える人が増えてきているようで、これらの原因とされているストレートネックという言葉を皆さまも聞いたことがあるのではないでしょうか?

ストレートネックというのは、本来湾曲しているはずの首の骨がまっすぐに伸びてしまう状態を指す言葉で、症状としては頭痛や肩こり、首の痛み、手のしびれ、めまい、ふらつきなどが挙げられます。

-shared-img-thumb-PAK85_sumahoman20141123104549_TP_V

↑こんな感じで毎日スマホとパソコンばかりしている人は特に要注意です。

そんな恐ろしいストレートネックですが、ストレッチをしたり姿勢の矯正をしたりなど対策がないわけではありません。

もちろん、日々のスマートフォンやパソコンを使う時間を減らしてあげるというのも効果的ですが、これは忙しい現代人にはあまり現実的な方法ではないと感じます。

そこで今回は、忙しい皆さまでも寝ている間にできる簡単なストレートネック対策をご紹介しましょう。

 ストレートネック対策に枕を変えるという選択肢

皆さまは寝ている間の姿勢というのを意識したことがありますか?

睡眠というのは、一日の1/3ほどの時間を占めており、我々が健康に過ごすためには必要不可欠な時間です。

そんな睡眠時に姿勢や質を保ってくれる寝具と言えば“”ですよね?

実は今、ストレートネック用の枕というのもいくつか発売されており、ひそかに人気が高まってきています。

neck

参考
女子専用ストレートネック枕「癒されネックフィット枕」

私が色々調べてみたところ、こちらのネックフィット枕が人気のようで、楽天ランキングでも1位をとったり、各種メディアでも取り上げられているようです。

詳しくはリンク先を見ていただければわかりますが、色々なこだわりがありなんとも寝心地の良さそうな枕です。

ただ、こちらの商品は女性用だそうで、私を含め男性向けの商品ではありません。

男性向けはないのかと調べてみたところ、同じ会社が発売している男性用のものが見つかりましたので、そちらもご紹介しておきます。

neck2

参考
男性用ストレートネック枕

参考元のサイトを見てみると“お父さんにあげたい枕”となっていたので、プレゼント用としても売れているようです。

こんな枕をプレゼントされた日には、仕事が捗ってしかたないでしょうね。

こちららは女性用のものよりも硬めのウレタンを使用しているそうで、頭の重さをしっかりと包み込み、沈みこみ過ぎないような硬さに調整しているようです。

男性用ということで、ニオイやムレにも強い素材を使っているというところが好印象でした。

枕を変えただけでストレートネックがいきなり治るということは考えづらいですが、今までとくに何も考えずに今の枕を利用しているという人は一度試してみる価値があると思います。

もちろんストレートネックには、ストレッチや姿勢を正すことも重要ですので、それらもしっかり実行しながら夜はネックフィット枕で快眠するというのが理想だと言えます。

「そういや最近肩こりや頭痛が….」という方はぜひ一度お試しあれ。