「必見!」海外旅行へ行く時のスマホの設定はこうすべし!パターン別まとめ

共有/後で読む

スマホの機能がどんどん便利になっていくにつれて、海外でもスマートフォンを使用したいと考える人が増えてきているのではないでしょうか?

しかし、設定がわからない場合や漠然とした高額請求への恐怖を抱いている人の中には、思う存分スマホを使うことができないという人もいるはずです。

というわけで今回は海外でスマートフォンを使う場合の用途別にスマホをどのように設定して使えばよいのかということをまとめてみましたので、これから海外へ行くという人はぜひチェックしてみてください。

海外でスマホを使う場合の基礎知識

umi2まずは簡単に海外でスマホを使う場合においての基礎知識をご紹介しておきましょう。

今となっては日本国内では電話もメールもインターネットも使い放題となっているので気にして使っているという人もだんだんと減ってきていると思いますが、なんといっても海外でスマホを使う場合に気になってしまうのはその料金です。

海外では日本国内よりもフリーWi-Fiが多いとは言いますが、実際にお金がかかってしまったらどうしようとビクビクしながら使っているという人もいらっしゃるのではないでしょうか?

まず、海外でスマホを使う場合の料金ですが、これは基本的に通信・通話を行った時に発生します。これについて少し詳しく解説していきましょう。

「もう知ってるよー」という方は読み飛ばしていただいても大丈夫です。

海外での通話に関して

通話に関しては、国番号をつけての発信など知識はある程度必要ですが、日本国内と同じ設定で通話することができるため、操作が難しいということは基本的にありません。
しかし、日本国内と異なる点は1分あたりの通話料が割増になっていることと、着信する場合にもお金がかかるということです。これを知らずに相手からの電話だからと長電話してしまうととんでもないことになるので気をつけましょう。

通話料に関しては、国によって異なりますが1分100~200円なんていうのはざらにありますのでどうしてもという場合を除いてはあまり積極的に使うべきではないかもしれません。

LINEやSkypeといった無料通話アプリを使えば、無料で電話ができるんじゃないの?と思っていらっしゃる方もいらっしゃると思うので、念のため補足しておくと“無料通話アプリ”というのは基本的には無料ではありません。日本国内では定額制になっている為わかりにくいですが、しっかり通信料がかかっています。

国内のパケホーダイ(定額のデータ通信プラン)というのは、海外では適用にならないため、それを知らずにLINEやSkypeを使うとこちらも高額請求になる可能性があります。もし使うのであれば、ホテル等のフリーWi-Fiに接続して利用されることをおすすめします。

海外での通信に関して

通信に関しては、日本国内と同じように“どこでも使える”という状況にしようと思うと必ずデータローミングという設定を行う必要があります。
この機能は通常であれば初期設定でOFFになっている機能なので、海外に行っていきなり勝手に通信が始まってしまうということは基本的に起こりません。

ただ、まれにデータローミング設定がなぜかONになったまま使っている人もいますので、使うつもりがないのであれば渡航前に設定の確認をしておきましょう。

そして、海外の通信と言えばおそらく一番多く利用されているのがフリーWi-Fiです。
国によっては日本ようも圧倒的に多くの場所でフリーWi-Fiが使えるようになっている為、うまく使えば通信料をかけずにお手持ちのスマホで通信をすることができます。

しかし、フリーWi-Fiにはセキュリティ面の不安もあるためあまり強くおすすめすることはできません。

かと言ってキャリアの海外用プランでは料金が高すぎる!という方には、海外用のレンタルWi-Fiがおすすめです。
レンタルWi-Fiなら安価で多くの通信が使えますし、フリーWi-Fiと違って独立した通信を行うため比較的安全に利用することができます。家族旅行などの際にはひとつもっていっておいた方がいいかもしれませんね。

▼関連記事:海外専用レンタルWi-Fiルーターで海外でもスマホを安く安全に使う方法

用途に応じた基本パターン

camera「海外でスマホを使いたい!」と言っても、使う人によってその用途は様々だと思います。

例えば「緊急連絡用にとりあえず持っていたい」という人や「カメラだけ使いたい」「通話も通信も使いたい」「撮った写真をSNSにすぐアップしたい」など色々なパターンが想定できます。

この項目では、そんなそれぞれの用途に応じた設定等を4パターンご紹介しますので、自分にあったものを選んで参考にしてみてください。

1.カメラなどオフラインの操作しかしない

スマートフォンのカメラが高性能になるにつれて、だんだんデジカメを利用しなくなってきたという人も多いのではないでしょうか?
とくに旅行時にはスマホとデジカメを両方もっていくと少しかさばってしまうため、荷物を少なくしたいという人はデジカメよりもスマホを選択しがちだと思います。

カメラの他にもスケジュールやメモなどオフラインでも使える(通信をしなくても使える)アプリはたくさんありますので、万が一のための緊急連絡とそれらのアプリが使えれば良いという人たちには“機内モード”がおすすめです。

機内モードというのは、通常飛行機の中などで使ういわゆる電波OFFモードのことですが、海外で通話・通信をしたくないという場合にも有効です。

そして、「機内モードも何かの間違いで通信してしまったらどうしよう」という慎重派の方には、SIMカードを抜いて起動するという方法をおすすめします。

通常機内モードが勝手にOFFになるなんていうことはありませんが、なにかの拍子に触ってしまって勝手に通信してしまうという可能性は無きにしも非ずです。しかし、SIMカードを本体から抜いてしまっている場合は、何があっても勝手に通信してお金がかかるなんていうことは起こりません。

SIMカードというのはキャリアでの通信を行うための必需品なのでこれが入っていないということは自力で通信することは不可能だということになります。もちろんこの場合でも多くの機種ではWi-Fi接続はできるため、フリーWi-Fiとの併用も可能です。

1点だけ補足しておくと、機内モードやSIMカード未挿入の場合というのは当然のことながら着信すらもできません。自分が緊急事態になって発信する場合はこれらを解除すれば済む話ですが、相手からの着信を事前に察知することはできませんので、それだけは気をつけてください。

2.電話だけは使いたい

通信はとくに使わないけど、電話だけいつでも発着信できるようにしておきたいという人は“データローミングOFF”“モバイルデータ通信OFF”がおすすめです。

通常海外に行った場合でも、電話というのは設定なしで利用することができますが、データローミング設定がONになってしまっていると勝手に通信もはじめてしまうことになります。

とくにスマートフォンではユーザーの意図しないタイミングで勝手に通信を行うこともしばしばありますので、データローミング設定をOFFにしておき、モバイルデータ通信もOFFにするこによって盤石の体制をしいておきましょう。

ちなみに海外で電話をかける場合において、一緒に旅行している人や日本国内に電話をかける場合は国番号をダイヤルする必要があります。

多くのスマホには国際ダイヤルアシスト機能がついているので、いざ発信するときに勝手に番号を切り替えてくれるようになっているのであまり心配はありませんが、一応通常手段での電話のかけかたも覚えておきましょう。

-電話のかけかた-
日本で契約している携帯電話もしくは日本国内へ発信する場合は、電話番号の初めにある“0”をとって日本の国番号である“+81”をはじめにつけた状態で発信します。
例:090-xxxx-1234にかける場合は
+8190-xxxx-12374で発信します。
+(プラス)は“0”を長押しすると表示されます。

-関連記事-

スマホのデータローミング設定

データ通信設定の確認

3.少しだけ通信も使いたい

電話も使うかもしれないけど、地図をみたり天気を調べたりなどちょっとだけ通信も使いたいという人は基本的3つのパターンから選択することになります。

  1. フリーWi-Fiを使う
  2. キャリアの海外プランへ加入する
  3. 海外用レンタルWi-Fiを使う

これらのメリット・デメリットを少し説明しておきましょう。

フリーWi-Fiを使う

■メリット
フリーWi-Fiを使うメリットはなんといってもお金がかからないことですね。だれでも気軽に使えるのがフリーWi-Fiのいいところなので、渡航者であっても問題なく使うことができます。

■デメリット
フリーWi-Fiのデメリットは
使う場所が限定される
・場所によって速度が安定しない
・セキュリティ面が不安
以上の3点です。ガッツリ使うという場合はあまり向いていませんので、少しの通信しかしないという人におすすめの方法です。

キャリアの海外プランへ加入する

■メリット
キャリアの海外プランというのは、やはり安心感があり繋がりやすさという点においては抜群の信頼感があります。また、渡航直前でも空港内のキャリアカウンターなどで説明を受けたりプランを検討したりすることができますので、「ギリギリになってやっぱり・・・」といった場合でも対応してもらえることが多いのもメリットのひとつです。

■デメリット
キャリアの海外プランにデメリットがあるとすれば、それはやはり料金の高さです。二段階制などを導入し本当に少ししか使わないといった場合には安くなることもありますが、それでも1日約2,000円~3,000円程度が相場となっています。

海外用レンタルWi-Fiを使う

■メリット
レンタルWi-Fiのメリットはセキュリティ面の安心感と料金の安さです。国によっては1日1,000円を切る料金で多くの通信が使えるようになっているため、グループでひとつ持っておくとそれだけでもかなり違います。レンタル業者によって金額はことなりますので、一度比較してからレンタルするようにしましょう。

■デメリット
レンタルWi-Fiにはあまりデメリットはないのですが、レンタルという性質上あまりギリギリになって借りるということはできません。レンタル業者によって宅配や空港での受けとり等様々な方法を選択することができますが、早めに予約しておくことが大前提です。

関連記事:海外専用レンタルWi-Fiルーターで海外でもスマホを安く安全に使う方法

4.日本国内と同じように使いたい

海外だろうとなんだろうと日本国内と同じようにバリバリ使いたい!という人は“キャリアの海外プラン”か“海外用レンタルWi-Fi”のどちらかを選択するのが良いでしょう。

お金なんて気にしないからとにかくたくさん使えるのが良い!という人は“キャリアの海外プラン”がおすすめです。

逆に、あまりお金はかけたくないけど、できる限り日本と同じような感じで使いたいという人の場合は“海外用レンタルWi-Fi”と“フリーWi-Fi”をうまくミックスして利用することをおすすめします。

おすすめの海外用レンタルWi-Fiのサイトをリンクしておきますので、興味のある方はそちらから詳細をご覧ください。