b-mobile(ビーモバイル)の「おかわりSIM」ってどんなサービス?流行りの格安SIMを調査!

共有/後で読む

みなさんはb-mobileのおかわりSIMって聞いたことがありますか?

一時期、このSIMカードに関する記事をよく見た気がしますが、まだまだ一般ユーザーには浸透していないというのが本当のところではないでしょうか?

そこで今回は以外と使えるb-mobileのおかわりSIMについて調査してみました!

b-mobileってどんなサービス?

「b-mobileってあまり聞いたことがない」という方も多いと思うので、まずは背景を少しご紹介しましょう。

おかわりSIMを提供しているb-mobileというのは日本通信株式会社が運営しているモバイル通信事業でありドコモ回線を使ったMVNOとして、実はそこそこ名の知れた事業者です。

おかわりSIMだけでなく、Wi-Fiルーターとのセット利用にも力を入れており、高速定額SIMの提供も行っています。

サービスの特徴

b-mobileのおかわりSIMは5段階定額制という珍しい段階制のプランを提供しています。

プラン自体は実質この1種類のみで、実際に使った通信量に応じて毎月の料金が決まるという仕組みです。

高速通信中の「3日間データ量制限」が無いので、基本は使わないけどたまに使う時には多くの通信量を一気に使うことがあるというような人には最適です。

最安の状態で保てば毎月たったの500円ですし、他のSIMカードと比べて最低利用期間が短いので試しに使ってみてから使い続けるのか決めるということもできます。

参考 b-mobile おかわりSIM

速度や容量制限は?

b-mobileの通信速度は受信時最大150Mbps、送信時最大50Mbpsとなっており、他の格安SIMと比べると「すごく早い」とは言えない速度です。

おかわりSIMの場合速度よりも手軽さが売りというイメージなので、普段はWi-Fi運用がメインで、たまに外で使うというような使い方の人が適しているSIMカードだといえます。

速度制限の対象となる条件は?

制限の対象となるのは

・5GBを超過した場合

おかわりSIMは使った分だけの請求となる定額制のSIMカードですが、高速通信は最大5GBまでとなっており、超過した場合の通信速度は200Kbpsとなります。

3日間のデータ通信量による制限は?
高速データ通信時は通信制限に関する記載は見当たりませんでした
ただ、低速(200Kbps)の状態で、連続した3日間の通信量が300万パケット(360MB相当)を超えると、通信速度が制限される場合があります。

速度制限時のバースト機能はあるの?

公式ページにはバースト機能の記載はありませんでした。

通信速度や通信制限に関しては公式ページにて確認できます。
参考 b-mobile おかわりSIM
200Kbpsとは・・・
200Kbpsの通信というと、ウェブサイトを開くのにも数秒〜数十秒かかるレベルなのでずっとその速度で通常利用するのは少し厳しいと言わざるを得ません。
しかし、簡単なLINEのやりとりやメールなどは少し時間がかかるだけで「利用できない」というほどではないので、数日程度であれば我慢して使うこともできます。

料金プラン

b-mobileは最低月額500円から使える5段階定額制のSIMカードです。

5段階定額というのは、その月の使った利用量に応じて決められた料金が発生する段階制のプランとなっており、毎月の利用量にバラつきがある方に人気のプランです。

おかわりSIM
5段階定額
音声付
おかわりSIM
5段階定額
SMS付
おかわりSIM
5段階定額
データ通信のみ
~1GB 1300円 630円 500円
~2GB 1,550円 880円 750円
~3GB 1,800円 1,130円 1,000円
~4GB 2,050円 1,380円 1,250円
~5GB 2,300円 1,630円 1,500円

※上限は5GBとなっており、5GBを超過すると200Kbpsでの通信となります。

おかわりSIMの最低利用期間

通話付きプランには最低利用期間が設けられており、少なくとも5ヶ月間の利用を前提とした契約となります。

開通日から4ヶ月以内に解約した場合は解約金が8000円発生してしまいますが、他のサービスと比べると最低利用期間の縛りがゆるいので、もしかしたら短い期間で解約するかもしれないという方にはおすすめです。

b-mobileが選ばれる理由

おすすめユーザー(利用環境)その1

■おすすめユーザーその1:短期間での利用を考えている人

通常の格安SIMというのは、安ければ安いほど最低利用期間が長かったり、通話プランであれば半年から1年程度は最低利用期間があるというのがふつうです。

しかし、おかわりSIMの場合は上述した通り最低利用期間がかなり短く、短期間での利用を考えている人には最適です。

おすすめユーザー(利用環境)その2

■おすすめユーザーその2:タブレットやルーターで利用する方

b-mobileのおかわりSIMは当然スマートフォンでも使えますが、ルーターとして使う場合やタブレットに挿入したいというような場合には料金も安く、導入しやすいのでとても便利です。

使わない間は最低月額500円なので、使う時と使わない時がある方や旅行など特定の期間しか使わないという人にも最適です。

おすすめユーザー(利用環境)その3

 ■おすすめユーザーその3:Wi-Fiルーターとセットで購入したい方

おかわりSIMにはモバイルWi-Fiルーターとのセット契約ができるプランがあり、超手軽にモバイルルータを始めることができます。

Wi-Fi専用モデルのタブレットやiPadなどを外でも使えるようにしたいという方や、複数台を同時に通信させたい場合など、格安SIM単体ではできない利用シーンでの活用を考えている人にはぴったりのサービスです。

おかわりSIMのお申込みや詳細な情報は公式ページをご覧ください。
b-mobile おかわりSIM

共有/後で読む

当サイトの更新情報は以下で配信しております。