バースト機能の意味とバースト機能が使える格安SIMをご紹介

共有/後で読む

格安SIM探しをしているとバースト機能というなんともカッコいい名称の機能についての記載を見かけることがあるとおもいます。

速度や安定性重視の方や、低速無制限SIMをお探しの方には必須の機能であるバースト機能ですが、いったいどういった効果があるのでしょうか?

今回はそんなバースト機能の意味とバースト機能が使える格安SIMをご紹介しましょう。

バースト機能とは?

格安SIMにおけるバースト機能というのは、インターネット通信をする際の初速を早くする機能のことを言います。

※バースト機能のイメージ
burst

これは一般的に、低速状態での通信時に働く機能であり、初速を早くすることによってページの切り替えなどを素早く行えるという利点があります。

ずっと低速の状態だと写真が多く表示されるSNSや、データ量が多くなりがちなニュースサイトなどを開く時にとても時間がかかってしまいますが、バースト機能があればブラウジングもスムーズに行えるので、とても便利です。

低速状態での通信とは?
・契約しているデータ量を超過した場合などの速度制限時
・低速モード(高速通信をOFF)での通信時

・もともと低速無制限プランが適用されている場合 など
200Kbps前後であることが一般的。

バースト機能が使えるの格安SIMは?

ここでは、バースト機能が使える主要な格安SIMを3つご紹介しましょう。

安さ重視なら「DMMモバイル」

安さ重視で選ぶなら、DMMモバイルが鉄板です。
安くても通信速度は速く、安定感もあるので「早くて、安い」を探している人にはぴったりです。

データ量に応じて細かく料金プランが設定できるので、毎月のデータ量が多い人も少ない人も安く使うことができます。

公式ページ:DMM mobile

安定感とサポート重視なら「IIJmio」

格安SIMがメジャーになってきた頃から、総合評価の高い安定の格安SIMです。

全プランデータシェアができるなど複数枚の利用にも対応しており、通信の品質やサポートは大手キャリアにもひけをとらない安心感があります。

通話機能付き「みおふぉん」がおすすめです。

公式ページ:IIJmio

複数枚利用なら「exciteモバイル」

上記ふたつの事業者でも、SIMカードを複数枚契約してデータ通信量をシェアすることができますが、exciteモバイルはあらかじめ「SIM1枚コース」「SIM3枚コース」に分かれておりプランがわかりやすく料金も格安です。

契約するプランによって、お得になる事業者が変わるので利用状況を把握したうえで比較されることをおすすめします。

公式ページ:エキサイトモバイル

共有/後で読む

当サイトの更新情報は以下で配信しております。