LINEモバイルがついに始動!「LINE・Twitter・Facebook」のカウントフリー戦略はいかに!?

共有/後で読む

あの人気トークアプリ「LINE」から、ついに格安SIMが登場しました。

発売前から注目の集まっていたLINEモバイルですが、初回は、先着20,000契約限定だそうです。

「LINEモバイル」と言えば、サービスの目玉として、「カウントフリー」というサービスを導入していますが、実際のところ利用価値はあるのでしょうか?

そこで今回は、LINEモバイルの特徴とカウントフリーについて調査してきました。

LINEモバイルとは

63

LINEモバイルとは、2016/9/5より申込み受付が開始された、「LINE」の新しい通信サービスであり、いわゆる「格安SIM」と呼ばれる、スマートフォンを安く利用するためのサービスです。

「最安500円/月で使える」「LINEが使い放題になる」といったメリットがあり、主に若年層をターゲットとした「LINE」ならではの工夫が見受けられます。

その中でも一番注目されているのがLINETwitter・FacebookといったSNSで利用される通信量がカウントされない(つまり使い放題)という「カウントフリー」サービスです。

普段から電話やインターネットよりもSNSを一番使うというユーザーにとってはとても嬉しい特典だと言えそうです。

それではまず、LINEモバイルの料金プランを確認してみましょう。

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルの料金プランは2つに分かれているようで、目玉の「カウントフリー」サービスの中で、LINEのみが使い放題となる「LINEフリープラン」とLINE・Twitter・Facebookの3つが使い放題となる「コミュニケーションフリープラン」があります。

それぞれの料金プランの詳細は以下のようになっています。

LINEフリープラン

《基本料金》
月額料金:500円
利用可能通信量:1GB

《オプションサービス》
SNS:+120円/月
音声通話:+700円/月

LINEフリープランの特徴はその名の通り「LINEが使い放題になる」という点で、音声通話のオプションを付加しなくても、LINEアプリを使った「通話機能」を使うことができます。

もちろん、通話品質はその分犠牲となってしまいますが、家族との連絡用に使うといった限られた用途でしか使わない人にとっては「十分」な内容であるとも言えます。

コミュニケーションフリープラン

《基本料金》
3GB:1110円/月
5GB:1640円/月
7GB:2300円/月
10GB:2640円/月
※各プランともSNS機能付き

《オプションサービス》
音声通話:+580円/月

コミュニケーションフリープランの特徴は、ひと月あたりに利用するデータ通信量が「選べる」という点と、「LINE・Twitter・Facebook」がカウントフリー(つまり通信量なし)で利用できるという点です。

気になる料金はというと、大手キャリアと比べれば十分に「格安」だと言えますが、同じ格安SIM同士で比べると、楽天モバイルの3.1GBプランが900円/月DMMモバイルの3GBプランが850円/月なので、少し割高感があるのも事実です。

※LINEモバイルのコミュニケーションフリープランではSNS機能が標準で付加されており、比較した2つの格安SIMでSNS機能を使う場合は、楽天モバイルなら+120円/月DMMモバイルなら+150/円別途加算されます。

とは言え、LINEモバイルには他にはない「カウントフリー」がありますので、SNSを多く利用する人にとってはメリットの方が大きく感じられるかもしれません。

-関連記事-

注目される「カウントフリー」

36

さて、ここまで何度か出てきた「カウントフリー」ですが、具体的にどういった部分がカウントされない仕組みになっているのでしょうか?

現在このカウントフリーに対応しているのは、「LINE」「Facebook」「Twitter」のみとなっていますので、それぞれ対象となる部分を確認しておきましょう。

LINEカウントフリー対象

■トーク機能
一番よく使う機能であるトーク機能は当然対象となっています。
テキストだけでなく、音声メッセージやスタンプ、動画、画像、その他のファイル送信にいたるまで、カウントフリー対象となっているようです。これには無料通話とビデオ通話も含まれます。

■タイムライン
これは使っている人と使っていない人がいらっしゃると思いますが、「タイムラインを見る」場合と「タイムラインに投稿する」場合にかかる通信量もカウントフリー対象です。もちろん、画像の閲覧もOKとのこと。

これらの他には、「スタンプや着せ替えのダウンロード」「アカウント設定に関わる利用」「友達一覧の表示や友達追加」「“その他”画面の表示」なども対象なっているので、一般的な利用であれば、ほぼすべてのものがカウントフリーとなっているような印象です。

Twitter

■タイムライン画像の表示・投稿

■ホーム、ニュース、通知の画面表示

■メッセージ機能の利用

■プロフィールの編集

これらがカウントフリー対象となっており、アプリ版のみではなくWEBブラウザからの利用でもOKとのこと。

当然、外部リンクへの接続は対象外です。

Facebook

■タイムライン/ニュースフィード画面の表示・投稿

■リクエスト、お知らせ、その他の画面表示

■プロフィール編集

これらがカウントフリー対象となっており、Twitter同様にアプリだけではなくWEBブラウザからの利用でもOKとのこと。

こちらも外部リンクへの接続は対象外なので、シェアされたWEBサイトを閲覧する場合などには注意が必要です。

カウントフリー」は一部の人には意味がない

カウントフリー機能というのは、SNSを多く利用する人にとって、とても嬉しい機能であることは間違いありませんが、ユーザーの使い方によってはあまりその恩恵が受けられない可能性があります。

なぜなら、カウントフリー機能にはSNSからの外部リンクをたどると通信量が発生してしまうという制約があり、SNSを本来のコミュニケーション用途だけでなく「更新通知」「WEBクリップ」といった用途で利用している場合は容赦なく通信量が加算されてしまうからです。

もちろんここを規制しておかないと「裏技」を使って、どんなWEBサイトでもカウントフリーとしてしまうことができるので、この措置は当然ではありますが、そうすると利用価値が下がってしまうのでは?という懸念があります。

ただでさえSNSを多く利用する人にとって、WEBサイトのシェアはよく使う機能であり、同時に他人がシェアしたサイトを見るなんていうのは日常茶飯事です。

その度に、「あ、でも通信量が」などと気にしながら使うというのは、少し窮屈な感じがして受け入れられないという人も出てくるのではないでしょうか?

まとめ

かなりターゲットを絞った戦略のイメージがあるLINEモバイルですが、その知名度を甘く見ることはできません。

いずれにしてもLINEモバイルはまだ始まったばかり
対象のサービスが増える可能性もあり、インスタ世代を取り込み始めるようなことがあれば、一気に「一番人気の格安SIM」へと成長していくのかもしれません。

共有/後で読む

当サイトの更新情報は以下で配信しております。