格安SIMを使うにはSIMロック解除が必要なの?

共有/後で読む

格安SIMについて調べていると、必ずといっていいほど出てくるSIMフリーやSIMロック解除という言葉。

「どうやらSIMロック解除というのをしないと格安SIMは使えない」
そう思っていらっしゃる方も意外と多いのではないでしょうか?

それが「間違っている」という訳ではありませんが、「必ずしもSIMロック解除が必要というわけではない」というのが正解です。

格安SIMはSIMロック解除なしで使える

SIMロックの解除をせずに格安SIMを使う方法はものすごくシンプルで簡単です。

その方法は

今使っているスマホを購入したキャリアと同じ回線を利用しているMVNOで格安SIMを契約する。

たったこれだけです。

ドコモであればドコモ系の格安SIMをauであればau系の格安SIMを使えばいいということですね。

※ただしau端末×au系格安SIMはSIMロック解除が必要になるパターンも多い

端末と格安SIMの
組み合わせ早見表
ドコモ回線網の格安SIM au回線網の格安SIM
ドコモ端末 そのまま利用可能 SIMロック解除が必要
au端末 SIMロック解除が必要 そのまま利用なものも
あるが、現状SIMロック解除が
必要となるケースも多い
ソフトバンク端末 SIMロック解除が必要 SIMロック解除が必要
※ソフトバンク端末でそのまま使える「ソフトバンク回線網の格安SIM」は現状ありません。

注意点があるとすれば、中には格安SIMが「非対応」の端末も存在しますので、購入を検討されている事業で、対応端末の確認を必ず行いましょう。

格安SIMはなぜSIMロック解除なしで使えるの?

通常、ドコモで購入したスマホをauで契約したSIMカードを使って通信させようとした場合、SIMロック解除が必要不可欠です。

大手キャリア同士の場合は、どの組み合わせでもそうなるわけですが、なぜ格安SIMの場合はSIMロック解除が不要なのでしょうか?

実はその答えはとても単純です。
まず、格安SIMを提供しているMVNOですが、このMVNOというのは、仮想移動体通信事業者という意味です。
これを簡単に説明すると、無線通信回線設備を自力で開設して運用せずに、大手キャリアから卸売を受けるなどしてサービスを提供している事業者ということになります。

つまり、事業者名は違えども回線網は大手キャリアと同じものを利用しているため、提供元であるキャリアで販売していたスマホなのであれば、問題なく利用できるということです。
※一部例外もあります。

どの事業者がどの回線網を使っているの?

現在主流となっているのは、ドコモ回線の格安SIMとau回線の格安SIMですが、これらは事業者のWEBサイトを見ると、使っている回線網が明記されています。

中にはmineo(マイネオ)のようにどちらも対応しているという事業者もありますが、基本的にはどちらか一方のみ対応しているのが普通です。

当サイトでも主要格安SIMの特徴をまとめていますので、購入を検討されている方は参考にしてください。

ドコモ系の記事はこちら

mineo(マイネオ)ってどんなサービス?
業界では珍しいドコモとauどちらも対応しているMVNO。初心者向けでプランもわかりやすく手厚いサポートが受けられます。
楽天モバイルってどんなサービス?
料金・速度共に評価が高く、格安スマホとのセットも豊富。楽天ポイントがたくさん溜まるので、楽天ユーザーなら一択です。
IIJmio(アイアイジェイミオ)ってどんなサービス?
業界大手、総合満足度には高い評価があり、音声通話機能付き「みおふぉん」は安定感がありはじめての格安SIMでも安心。家族でシェアも人気です。
DMMmobile(DMMモバイル)ってどんなサービス?
業界最安値級の料金で、速度等の安定感もある人気のMVNO。SIM1枚から複数毎でのシェアまで何でも安い最強の格安SIMです。

au系の記事はこちら

mineo(マイネオ)ってどんなサービス?
どちらかと言えば初心者向けで、プランやサービス内容もわかりやすくサポートがしっかりしているので、格安SIMに不安がある人にはかなりおすすめです。
UQmobile(UQモバイル)ってどんなサービス?
au系の中ではトップクラスの速度と安定感。料金も比較的安く使いやすいので、速度重視の方ならこれですね。

ちなみに、ソフトバンクの場合はSOFTBANK回線で格安SIMを提供している事業者が現状ありませんのでSIMロック解除は必須です。
Y!mobileはソフトバンク系ですが、ソフトバンクの端末をそのまま使うことはできません。

参考Y!mobileオンラインストア

共有/後で読む

当サイトの更新情報は以下で配信しております。