iPhone 7/7 Plusは売れるのか?

共有/後で読む

毎年この時期になると注目が集まるiPhone

今年も例年通り新モデルが出るようで一安心です。

発売日は9月16日となっており、iPhone7/7 Plusを扱う各社ですでに予約受付が始まっているようですが、果たして売れ行きはどうなるのでしょうか?

iPhone7ってどんな感じなの?

まだあまり新しいiPhoneの情報に触れていらっしゃらない方のために紹介動画を貼っておきます。

今までの流れでいうとSシリーズではなく「5→6」「6→7」のように数字が変わるモデルでは、ハード面が大きく変わるという印象がありましたが、今回はハード面の劇的な変更というのはなさそうです。

iPhone5とiPhone6であれば、そこまで詳しくない人が見ても、「6」の方が新しいと感じられるデザインでしたが、今回は下手をすると見分けが付かない人も出てくるレベルだと言えます。(もちろんよく見れば全然違いますが)

大きく変わったのは中身だということなので、変更点を簡単にまとめておくと以下のようになっています。

iPhone6sからの変更点

1.新カラー追加
→「ジェットブラック」「ブラック」が追加されました。

2.新容量が追加され、16GBは廃止
→256GBモデルが追加されました。

3.少しだけ軽量化
→143g(iPhone6s)が138g(iPhone7)

4.防水・防塵対応
→IP67等級に適合。生活防水程度

5.ヘッドホン端子の廃止
→イヤホン/ヘッドホンはワイヤレスのみ

6.カメラ機能が性能UP
→とくにiPhone7 Plusのカメラは秀逸

7.電池持ちがよくなった
→チップの向上により、省電力化

8.FeliCaに対応
→Apple PayによりSuicaなどが利用可能に

iPhone7は買いなの?

iPhone7は間違いなく、良い機種です。現状旧型のiPhoneを利用されている方で、今使っている端末の機種代金が残っていないのであれば、当然買いだと思います。

しかし、想像通りの良さというか、あっと驚く革新的な何かがあるかと問われると、首を横に振らざるをえない程度だと筆者は感じました。

そもそも、iPhoneユーザーの多くは、オサイフケータイや防水・防塵がない使い方に慣れていて、そこに不便を感じていなかったからこそ、iPhoneを使い続けていたという方も多いと思う思うので、そういう意味ではiPhone7を購入する「メリット」が薄く感じらるかもしれません。

きっと多くのiPhoneユーザーはオサイフケータイや防水・防塵よりもイヤホンジャックを残して欲しかったんじゃないですかね?

Apple製品の良いところは、アップデートによって、新しい機種を買わなくても、ある程度新しい機能を取り入れられるという部分であり、そういった部分も含めて、今回の「7」は見送る方が多いのではないかというのが、正直な意見です。

iPhoneというのは、スペック勝負ではなく、ある意味ブランド的な価値と使いやすさでここまで戦ってきた印象がありますが、今回のようにAndroidの人気機能を後追いで搭載するという姿は筆者としては少し残念な「進化」であるとしか言いようがありません。

とは言え、「何が売れて、何が売れない」かはわからないのがこの世の中。
どうなるかはわかりませんが、近年売れ行きが落ち込んできていると噂のiPhoneだけに、今後の動向に注目したいとこです。