本体が熱つくないか/冷たくないか

スポンサーリンク

共有/後で読む

本文内の操作を行う前に必ずお願いと免責事項をお読み下さい。

本体の温度に対する影響

本体の温度が上昇したり

逆に冷たくなりすぎたりすると本体機能に影響がでることもありあます。

主にフリーズや電源が切れる/再起動する

充電ができないなどの症状が発生することが多いです。

原因としては

くるま等に放置や、内部のメモリ不足

大量の処理力を要する機能の利用が考えられます。

スマートフォンとしては、

熱すぎたり、逆に冷たすぎたりした場合に自己防衛策として

再起動などを起こすことが多いですが

このような環境が長く続くと

故障することも十分にあり得るので覚えておく必要があります。

熱を冷ます場合は電源を切り

電池が外れる機種なら電池を外して常温の室内で放置しておきましょう。

絶対にやってはいけない冷やし方

保冷剤やエアコンに当てて急速に冷やそうとする人もいますが

これは大変危険です。

このように急激に温度差を与えると

内部が結露し錆びの原因となるので

絶対にやめましょう。

当サイトでは、この他にもありとあらゆるスマホのトラブル対処法をまとめています。

今後の為にもぜひ、ブックマークしておいてくださいね。

>>スマホのトラブル解決法総まとめ

>>サイトTOP

共有/後で読む

当サイトの更新情報は以下で配信しております。