電波状況の確認

スポンサーリンク

共有/後で読む

本文内の操作を行う前に必ずお願いと免責事項をお読み下さい。

最近では地下でも電波が入る場所が多くなり

電波状態が悪いとなんだかそわそわしてしまいますよね?

切ってもきれない電波とスマホの関係は

意外なところに影響しているかもしれません。

電波がわるくなる場所とは?

一般的に電波がわるくなる場所と言えば

地下という答えが一番多いと思うのですが

実は他にもたくさんあります。

例を挙げると

見晴らしの良すぎる場所

ビルや建物の高層階

山の中

コンクリートの建物内

ロッカーの中

高速で移動する乗り物

などなどです。

私は仕事中にあまり携帯を使わないので

デスクの引き出しにいれていましたが

あまりにも電波が悪くなりすぎて

「いつ電話しても繋がらない」と

怒られたことがあるので

それいらい、デスクの上に置くようにしています。

これらの場所などで電波が悪くなった場合

スマホにどのような影響が出るのでしょうか?

電波がわるいと電池持ちもわるくなる!?

電波の悪い場所にいると

なんとなく電池が減っているような気がする

という人もきっといるのではないかと思いますが

それはあながち間違っていません。

一見電波状況と充電の持ちというのは

関係がなさそうにも思えますが

これが結構影響が大きいのです。

そもそもスマートフォンは電話機であり

電波が良くてナンボなので

少しでも電波状態が良くなるように

電波状態が悪いときは常に電波を探すように出来ています。

この電波を探すという動作が

かなり電池を消耗してしまうのは

今も昔も変わっていないようで

圏外になる場所や

電波が頻繁に切り替わる場所(乗り物での高速移動中なども含む)では、

電池をかなり消費してしまいます。

電波自体は目に見えないので

あからさまに地下とかではない限り電波状態が悪くなっても

気が付かないということの方が多いですが

私のように仕事中ロッカーや引き出しにスマホを閉じ込めているひとは

実は机の上に置いておくだけで電池の持ちが格段に良くなる可能性もあるので

一度確認してみてくださいね。

どうしても圏外の場所に行くときは?

どうしても圏外の場所に行かないといけない場合は

どちらにしても電話等がつながる状態ではないので

電源を切るか、機内モードに切り替えておくだけでも

電池の持ちはかなり変わるので是非お試し下さい。

当サイトでは、この他にもありとあらゆるスマホのトラブル対処法をまとめています。

今後の為にもぜひ、ブックマークしておいてくださいね。

>>スマホのトラブル解決法総まとめ

>>サイトTOP

共有/後で読む

当サイトの更新情報は以下で配信しております。