いまさら聞けない ドコモの月々サポートの仕組み

共有/後で読む

最近ドコモのスマホが一斉に値下げをしていますね。

月々サポートというものがなんとなく浸透してきた中で

端末購入サポートという聞きなれない割引が開始されました。

安くなるならどっちでもいいというのが

一般ユーザーである我々の意見ですが

その違いが解らないまま契約するというのもあまり良くないですよね。

と、いうわけでまずは月々サポートという制度について

確認していきましょう。

月々サポートの概要

月々サポートというのは機種の値引きだと思っている人も多いですが

あくまで割引は基本使用料に適用されます。

現在機種購入と言えば分割購入が主流ですが

これにより月々の基本使用料に機種代金が加算され

ひと月に支払う金額が増えてしまうため

その増えた分を基本使用料から割引しますよということですね。

つまり、裏を返せば機種代金は1円も安くなりません。

「そんなの損じゃない」

と、思う人もいるでしょうが冷静に考えて下さい。

結論を先に言ってしまえば、どちらでも同じなのです。

月々サポート適用の具体例

ここでは仮に毎月5000円の基本使用料で利用していると仮定します。

月々サポート適用で実質0円の新しい機種を購入する場合

それぞれ分解するとこういう感じになります

基本使用料=5000円
機種代金=3000円
割引=-3000円

5000円の使用料から3000円割引されれば

基本使用料は2000円になります。

ここに3000円の機種代金を足すと

2000+3000=合計5000円

実質0円というのは

はじめの基本使用料5000円の状態と

1円も変わらないから実質0円と呼ばれているようですね

逆に3000円の機種代金から

毎月3000円割引されている場合でも

3000-3000=0

つまり、機種代金は0円となり

本来の基本使用料5000円のみが残るので結局合計5000円

となるので基本使用料と機種代金

どちらから割引されても5000円を払うということは変わりません。

しかし月々サポートというのはあくまでも

基本使用料から割引されるものだということを覚えておいて下さい。

ちなみに…

この月々サポートには適用条件があり、指定プランの加入が必須となっています。

そして、2年以内での解約や機種変更、指定プラン外へのプラン変更をした場合は

違約金こそかからないものの、残っている割引はすべて消滅してしまうのです。

2年以上利用する人が多いと思うので基本的には問題ないのですが

中には1年で機種変更したい!という人もいますよね?

しかし上記の制度の問題で月々サポートを受けている状態での機種変更というのは

基本的に損になってしますので、短期間で機種変更をされる方は十分に注意して下さい。

※他の割引との併用で損にならないケースも存在します。

どうしてこんなにややこしいのか

契約が複雑すぎる!

という声は当然だと私も思いますし

実際説明をする側も大変なんじゃないかと思いますが

いくつか理由があるみたいです。

あまり直接的に機種代金を引くと

新規契約をして端末を別の中古ショップなどに売り

回線を解約して、また新規契約という悪さをする人がどうしても出てきてしまいます。
当然、諸々の大人の事情などもあり

あまり直接的に機種代金を値引くというのは

キャリアとしてもやりたくないのでしょう。

さて、ここまでのお話で

月々サポートに関しては

概要をつかんでいただけたかと思います。

次は冒頭に出てきた

端末購入サポートとの違いをご紹介しましょう

簡単解説!ドコモの端末購入サポートと月々サポートの違いってなに?
最近、XPERIA Z3(SO-01G)やXPERIA Z3compact(SO-02G) AQUOS ZETA(SH-01G)な...