伝言メモと留守番電話の違いって知っていますか?

共有/後で読む

最近、気づいたというかふと疑問に思ったことがあります。

タイトルにもありますが

伝言メモと留守番電話ってなにか違うの?ということ。

同じような機能のはずだけど

どちらもあるということは

どちらも必要なものなのか….

気になったので調べてみました

何がどう違う?伝言メモVS留守番電話

私が使っているスマホには伝言メモという機能があります。

しかし、別途オプションで留守番電話サービスというものにも加入しています。

もし、伝言メモと留守番電話サービスが同じものなのであれば

私が長年払ってきた月額300円はなんだったのか….

くだらないことだけど

すごく気になります。

と、いうわけで

まずはそれぞれの基本情報を見てみましょう

伝言メモの基本情報

データ保存先 本体内部
保存期間 期限なし
保存件数 機種によってかわる
再生 無料
月額料金 無料

つまり本体内部に録音データを保存するので

いつでも再生できるし、お金もかからないということですね。

では、留守番電話の方はどうなのでしょう

留守番電話(docomo)の基本情報

データ保存先 留守番電話サービスセンター
保存期間 72時間
保存件数 20件まで
再生 有料
月額料金 有料(300円)

え、伝言メモの方がよくない!?

と思ったのは私だけではないはず(笑)

しかし、わざわざ留守番電話サービスというものがある以上

コチラにもなにかメリットはあるはず!

という訳で引き続き調べていると、すぐにメリットが判明しました。

留守番電話のメリット

留守番電話サービスと

伝言メモも一番大きな違いは

電源OFF時に利用できるか否かということだそうです。

仕事で携帯を使う場合なんかは

1回の電話がとれないことが

致命傷になることもあるので

必要性を感じます。

ただ、私のような基本的に鳴らない人の場合は

そう長時間スマホの電源を切ることもないですし

そもそもあまり鳴らないので

300円払うほどではない気がします。

結論!!

よっぽど大事な電話が頻繁にかかってくる人以外は

伝言メモだけで問題なし!

因みに、機種によっては伝言メモ機能がないものもあるそうなので

その場合は諦めて留守番電話サービスを利用しましょう。