目にやさしいスマホの使い方を考えてみました。

2016年3月12日スマホ情報, いまさら聞けない, よくあるトラブル, 新情報

スマホは目に悪いのか
というお話しましたが
今回はその対策を
考えてみたので
皆様にも共有したいと思います。
当たり前のことばかり書いていますが
意外と出来ていない人が多いのではないでしょうか?
 

スポンサーリンク

目にやさしいスマホの使い方

 
スマホは目に悪いと言っても
いまさらスマホのない生活というのは考えられないですよね
だからと言って目への影響を全く考えずに使う
というのも少し違う気がします
ちょっとしたことで目にやさしい使い方ができればと
4つのポイントにまとめてみましたので
参考にしてください

1.長時間の利用は避ける

スマホはもちろん
テレビもゲームもパソコンも同じですが
やはり長時間の光っている画面を
見続けるという行為は
目や身体への影響が大きく
かなり負担がかかってしまいます。
スマホの場合
冷静に考えると、どうしても
数時間画面を見続けないといけない
というシチュエーションというのは
あまり無いと思います。
しいて言うなら、動画かゲームくらいではないですか?
熱中してしまう気持ちは
痛いほどよくわかりますが
1時間に1回など、時間を決めて
目を休ませながら利用することを
心がけましょう♪

2.ブルーライトカットを利用する

そもそもブルーライトカットって効果あるの?
と思っていらっしゃる方も多いと思いますが
PCメガネを愛用し、毎日12時間以上パソコンと
スマホの画面を見続けている私の体感では
効果はあります。
主にブルーライトカットと言えば
メガネか画面保護フィルムの
どちらかになると思いますが
どちらを利用しても効果は同じだと
思います。
ただ、
フィルムの場合はテレビやゲーム
スマホやパソコンそれぞれに合った専用の
ものを購入し、さらに自分で貼り付けないと
いけないので、正直面倒です。

<div

その点メガネなら気軽に手に入るので
普段メガネをかけていて、新しいのをわざわざ
作るのはちょっと…..という人でなければ
簡単に対策できるものとして
メガネの方を私はオススメします。

 

私個人はJINS PCを利用していますが
Amazonなんかで探しても
1000円~2000円くらいで
いくつかの商品がみつかります
amazonで探す
[ad#co-6]

3.利用しない時は画面の輝度を下げる

[ad#co-5]

 

これに関してはすぐにできることなので
ぜひオススメしたいのですが
スマホには
画面の明るさを調節する機能があります
昔のスマホは電池の消耗が激しかった為
画面をすごく暗くして利用している人も
多かったと思いますが
最近のスマホは電池持ちも良く
画面を明るくしたままでも
そこそこの時間利用できるので
そういえば買った時のまま
調節していないという人も
多くなってきたのでは
ないでしょうか?
この明るさを少し落とすだけでも
目への負担は軽減されます
始めは暗くすると見えづらく感じるかもしれませんが
しばらく使うと慣れてくるので
ちょっと暗いかな?と思うくらいの明るさに
設定しておくのがポイントです。
最近スマホを見ていると
すごく目が疲れるという人は
一度試してみて下さいね

4.寝る前の利用はなるべくしない

これはニュースなんかでもしょっちゅう
言われていることですが
寝る前のスマホの利用というのは
本当に目に悪いです。
私自身も布団の中でスマホをいじりながら
寝るというのが癖になっていた時期もあるのですが
このころは本当に寝ても寝ても眠い状態で
朝起きるのが本当に辛かったのを覚えています。
やはり、本来寝るべき時間に
明るい画面のスマホを顔の近くで
ずっと利用していると
脳が興奮し眠りが浅くなったり
しっかり休むことが出来なくなってしまします
私も寝る前にスマホを利用しなくなってから
ぐっすり眠れるようになったので
クセになってしまうとなかなか治せないという
気持ちはよくわかりますが
最近寝つきが悪いという人は
寝る前数時間はスマホの利用を
思い切ってやめてみましょう。
クセになっていると最初は逆に
寝つきにくく感じるかもしれませんが
慣れてくるとだんだん睡眠の質が改善され
ぐっすり眠れるようになりますよ
 nedoko_smartphone
いかがでしたか?
以上が簡単に出来る対策です
皆様も目は大切にして下さいね♪

 

スポンサーリンク