スマホやケータイのカケホーダイ、気になる定額対象外通話とは

共有/後で読む

少し前までは、無料通話と言えば

LINEでの通話が当たり前でしたが

今では、どこのキャリアでも

通話し放題のサービス

提供しています。

通話が定額で話し放題な時代

電話が普及し、

当たり前のように通話料を支払ってきた

我々にとって

通話が定額でできるようになった

という事実は革命的に思えます

しかし

この通話し放題のプラン

慣れてくればなんてことないですが

始めは少し抵抗がある方もいますよね?

それもそのはずで

私たちはいままで電話をする際に

必ず料金を支払って暮らしてきました

1分10円なり、20円なりは

時代や契約内容によってことなりますが

それが完全に定額だったことはありません。

特に

高額の通話料で苦しんだことが

ある人の場合すぐに適応することは

なかなかできないものかと思います

しかし、時代は変わったのです

先月私は

毎日3時間以上の通話を

利用していました

単純計算でいくと

3時間=180分

180分×1ヶ月(30日)

つまり5400分通話したことになります

これは

以前のプランであれば

1分で40円なので

5400分×40円で

216000円分通話したことになります。

しかし、実際の請求額は

当たり前ですが

カケホーダイプランの基本料

2700円だけでした

なんと213300円もお得です

pigbank_y03

通話かけ放題というのは

実に素晴らしい

カケホーダイは、なんでもかんでもカケホーダイではない

これからは安心して電話をたくさん使えると思った私なのですが

タイトルにもある通り一つの疑問が頭の中に浮かんだのです

「対象外通話ってあったような…..」

そう、この通話し放題のプランには

対象外通話なるものが存在するのです

それがはっきりしていない以上は

安心して使えない!

という訳で少し調べてみました

調べてみるとわかったのは

三大キャリアは

どのキャリアでも

対象外通話が概ね同じだということ

まずまとめて紹介すると

・国際ローミング通話料

・国際電話通話料

・衛星電話/衛星船舶

・0180(テレドーム)

・0570(ナビダイヤル)

・0085(空電プレミアム)

・104(番号案内)

・行政1XYサービス

・SMS(ソフトバンクは相手が他キャリアの場合)

以上の発信先は定額対象外となるようです

なんか聴き馴染みのないものが

沢山ありますよね?

以下に詳細をまとめておきましたのでご安心を

国際ローミング通話料

海外での発着信のこと

海外では基本的に発信も着信も

両方お金がかかるので注意

国際電話通話料

日本から海外へかける場合の通話料

海外への発信はLINEやSkypeの利用が

まだまだお得です

衛星電話

携帯電話の電波が届かない

場所において利用する電話

主な用途としては、山や海など

電波が届き辛い場所や

災害時などに利用されます

0180(テレドーム)

スポーツやレースの結果速報

実況中継などに用いられる

情報提供サービス

大量の通話が集中しても

話中にならないという特性から

チケット予約などでも

用いられています

0570(ナビダイヤル)

日本全国にある複数の着信先へ

同じ電話番号で着信できるサービス

主に、企業のコールセンターなどで

利用され、発信側の地域により

窓口が振り分けされるように

なっているとのこと

「ナビダイヤルでお繋ぎします」

というアナウンスが流れるのが特徴

0085(空電プレミアム)

聴き馴染みがない方が多い

このサービスは

“からでん”プレミアムと言い

指定の番号に電話をかけると

発信者にSMSを送信する

クロスメディアツールです

主に企業や商品の

宣伝に用いるものですね

104(番号案内)

これはかなり有名ですが

携帯世代の人は知らない人も

いるかもしれないので、一応ご紹介

番号案内とは

施設名や氏名から

登録されている電話番号を

案内するサービスで

インターネットが普及している現代では

あまり利用されないサービスとも言えます

行政1XYサービス

消費者ホットライン(188)

児童相談所全国共通ダイヤル(189)

など

1から始まる

3ケタの番号で発信する特番のこと

つまり上記104の番号案内も

1XY特番に分類されます

この項目は詳しく解説すると

ものすごく長くなるので割愛

SMS(ショートメールサービス)

言わずと知れた

ショートメールサービス

電話番号を用いた

メールサービスで

昔は同じキャリア同士でないと

送受信出来ないという制限が

ありましたが、現在はキャリアフリー化され

どのキャリア同士でも

SMSでのやりとりが可能です

その他

その他にも

各キャリアが指定する電話番号への

通話は定額対象外となるようですので

心配な方は各キャリアのホームページか

問い合わせ窓口で確認して下さい

以上の番号が主な

定額対象外となります

これらを確認しておけば

通話し放題なのに

高額請求が来るかもしれない

などと心配する必要もなく

存分に通話を楽しむことができますね

関連記事

LINE電話のメリットとデメリットを簡単解説
最近、LINEに追加された機能で LINE電話というサービスはご存知ですか? うーん間違いではないですね ただ、そ...