小さいnanoSIMカード(ナノシムカード)をサイズが合わない機種に入れる方法

共有/後で読む

最近、ほとんどの機種で利用されるようになった

nanoSIMカード

nanoUIMやnanoシムと呼ばれるこのカードは

ひと昔前まで、iPhoneでしか採用されていませんでしたが

最近では当たり前のように、Androidでも

使用されるようになってきました。

今日はそんなnanoSIMカードを

今までのminiSIM(microSIM)や大きいSIMカードを利用している機種でも

使えるようにする方法をご紹介しましょう。

SIMカードの差し替えにはアダプターが便利

普通に使う分にはシムカードのサイズなんて

めったに気にしないものですが

SIMカードの差し替えをする人や

格安SIM、MVNOの普及によって

それらを利用する人にとっては

サイズが違うと困る!!ということもありますよね。

こんな時、キャリアに言えば

SIMカードのサイズ変更もしてくれますが

一回差し替えるだけの一方通行ではなく

何度も差し替える使い方の場合

手数料と手間が気になってしまいます。

そんな時に便利なのがこの

SIMカード変換アダプター

数年前はこれを使って

スマホからガラケーへ

SIMの入れ替えを行っていましたが

今やそれをする人も少なくなりました

現在では

iPhoneからandroidの切り替えや

新機種から旧機種への切り替えに

利用する人が多いようです。

SIMアダプターを使う際の注意点

一応注意点として覚えておいていただきたいのは

アダプタに入れたnanoSIMカードは

かなり不安定なので

まれに本体内で脱落したり

微妙に厚みが違って

取り出せなくなることもあります。

事故を未然に防ぐため

垂直に挿入するのはやめましょう

外れたnanoSIMカードが重力で中に脱落してしまい

取り出せなくなることがあります。

正規の利用方法ではない以上

たとえそうなったとしても

キャリアの保障は効かないので

アダプタの利用には細心の注意を払い

自己責任だということを忘れないようにしましょう。

共有/後で読む

当サイトの更新情報は以下で配信しております。

トラブル続きで買い替えを検討している方は

スマホのトラブルが続き、今の機種もそこそこの期間使っているし買い替えも視野に入れているという方には、格安SIMへの変更をおすすめしています。

「でも、格安SIMってなんだか難しそう」
という方は当サイトの「格安SIMパーフェクトガイド」を見て頂ければ、格安SIMのことがわかるようになっていますので、ぜひ一度ご覧ください。