カード類がどんどんスマホの中に入る時代になりました。

共有/後で読む

普段買い物をしていると、ポイントカードや会員証っていつの間にか溜まってしまって財布がパンパンになったりしますよね?

私は、普段使いのカード以外持ち歩かないようにしていますが、それでも気がつけば1枚、また1枚とカードが増えてしまいます。

そんな今、注目されているのが、カードのアプリ化。
提示の時だけでなく、たまったポイントをすぐにアプリで確認したりもできるので、大変便利ですね。

今回はそんなアプリ化されたポイントカードやクレジットカードはどのようなものがあるのか調べてみました。

意外とたくさんある、カードアプリ

cardちょっと調べただけでも、メジャーな企業ではかなりの確率でポイントカードをアプリ化していることがわかりました。
  • Tポイント
  • dポイント
  • ヤマダ電機
  • ヨドバシゴールドポイント
  • 無印良品
  • ローソン
  • トイザらスなどその他多数

これだけ、多くの企業がアプリ化してくれているということは、もしかすると財布をパンパンにしている犯人は、「アプリってちょっとめんどくさい」と思っている私たち自身なのかもしれませんね。

アプリ化していないポイントカードに関しては、一括で管理できるアプリが多数リリースされているので、そちらも併用すればほとんどのカードは財布から消えてくれるのではないでしょうか?

もはやスマホは”財布”よりも重要な時代へ

スマートフォンの中には、電話帳や写真だけでなくこういったポイントカードの情報やおサイフケータイの機能など、ありとあらゆるものが入っています。

さらにクレジットカードやキャッシュカードにいたっても、アプリ化の動きがあるくらいです。

人によってはすでにネットバンキングのアプリなどを取り込んでおり、スマホから振込なんかが行えるようになっている場合もありますよね?

そうなると、現代ではスマートフォンが財布よりも重要な位置づけになったのだと感じます。

無くしても探せるからいいや!と思っている人もいるかもしれませんが、スマホの位置検索にはしかるべき設定がなされていて、かつ電波が届く場合のみ有効なので、事前に必ず設定だけでもかけておきましょう。

関連記事
http://sumakoko.com/sumahosos/

電源が切れていても探せるようにしたい!という人はスマホのGPS機能と連携してくれるような紛失防止タグをストラップとしてつけておき、タブレットやご家族のスマホから位置検索できるようにしておけば安心です。

ただ、家族に依頼した場合、いつでも居場所がばれてしまうのでそれを好まない方はご注意を(笑)