「Xperia XZ」と「Xperia X Performance」のスペック比較!大手各社から発売される新型Xperiaの実力は?

共有/後で読む

今回も大手携帯キャリア各社から発売される「Xperia XZ」

「Xperia」といえばここ数年、安定して売れている、Androidスマホ界のスター的存在(?)です。

もちろん今回発売される「Xperia XZ」にも注目が集まっているわけですが、その実力はいかがなものなのでしょうか?

ここでは、2016年の夏モデルとして発売された「Xperia XZ」に関する情報と「Xperia X Performance(SO-04H)
」とのスペック比較をご紹介します。

Xperia XZとは

YouTubeにプロモーションムービーがあがっていたので、外観のイメージはこちらから確認できます。

Xperiaらしい高級感のあるデザインですね。

今回も「音楽」「カメラ」といった所に非常に力が入っているようで、「何をしてもキレイ」なスマホとして、一層磨きがかかった印象です。

次は肝心のスペックを見ていきましょう。

Xperia XZ(SO-01J)とXperia X Performance(SO-04H)の比較

※比較にはドコモ版のデータを利用しています。

Xperia XZ(SO-01J) Xperia X Performance(SO-04H)
カラー Forest Blue
Platinum
Mineral Black
Deep Pink
White
Graphite Black
Lime Gold
Rose Gold
OS Android 6.0 Android 6.0
CPU Qualcomm
MSM8996
2.2GHz+1.6GHz
クアッドコア
Qualcomm
MSM8996
2.2GHz+1.6GHz
クアッドコア
サイズ 約146㎜×約72㎜×約8.1㎜ 約144mm×約71mm×約8.6mm
重さ 約161g 約165g
RAM 3GB 3GB
ROM 32GB 32GB
外部メモリ microSD / micro SDHC / microSDXC(最大256GB) microSD / micro SDHC / microSDXC(最大200GB)
バッテリー容量 2,900mAh 2,570mAh
ディスプレイ 約5.0インチ 1,920×1,080 ピクセル 約5.0インチ 1,920×1,080 ピクセル
カメラ アウトカメラ 約2,300万画素 / インカメラ 約1320万画素 アウトカメラ 約2,300万画素 / インカメラ 約1320万画素
その他 Bluetooth 4.2、おサイフケータイ、GPS、防水・防塵(IPX5およびIPX8)、ワンセグ、フルセグ Bluetooth 4.1、おサイフケータイ、GPS、防水・防塵(IPX5およびIPX8)、ワンセグ、フルセグ

 パッと見でいうと

「変わってなくない!?」

 という印象が強いですね。
新しい機種ですので、変わっていないということはあり得ませんが、スペック比較すると間違え探しのごとく、違いを見つけるのが難しいレベルです。
ユーザーのレビューを見ている限りだと、実使用の評価はスペック以上という印象であり、レスポンスの向上は期待できそうです。

ただ、充電端子が「USB Type-C」に変更となっているため、今までAndroidを利用していた人でも、充電器系のアクセサリを買い直さなくていけないというデメリットもあります。

そういった面を含めると、2年前程度の機種を使っている人辺りが「買い」で、比較的新しいモデルを利用している人は「保留」といった判断になるのではないでしょうか?

来年にはPREMIUM 4Gの「500Mbps」に対応するようなので、その後、安くなるなりサポートが多くなるようであれば、筆者も買ってしまうかもしれません。

 -関連記事-

ドコモ新機種情報!「2016-2017 冬春 モデル」がついに発表!

au2016年冬モデルに「isai Beat」「Xperia XZ」が登場

SoftBankが2016年冬~2017年春モデルを発表!注目の機種は?

最新のらくらくスマートフォン4は「3」からどれだけ進化したのか比較してみました。

ドコモから新発売される激安スマホMONO(MO-01J)って消しゴムみたいな名前だけど何なの?