楽天モバイルってどんなサービス?流行りの格安SIMを調査!

共有/後で読む

格安SIMユーザーの中で人気が高い楽天モバイル

格安SIMを検討するときに必ずと言ってもいいほど候補にあがるのがこのサービスです。

料金・速度共に評価が高い楽天モバイルですが、実際どのようなサービスを展開しているのか、調査してみました。

楽天モバイルってどんなサービス?

楽天モバイルはあの楽天市場でおなじみの楽天が運営するMVNOで、回線はドコモ回線を利用しているため幅広いエリアで安定した通信が可能です。

料金プランはシンプルで選びやすく、楽天ポイントが貯まりやすくなることから多くのユーザーに愛されるサービスだと言えます。

サービスの特徴

楽天モバイルの特徴は安定した速度と導入しやすいシンプルなプランです。

格安SIM初心者が最も不安に感じやすい速度などの品質面は申し分なく、はじめての格安SIMでも安心して利用できます。

プランはシンプルながらもユーザーの欲しい部分はしっかりと取り揃えられている印象で、無制限のベーシックプラン、3.1GBプラン、5GBプラン、10GBプランの4つから選択することができます。

★2016年11月4日より「20GBプラン」「30GBプラン」が追加されました!

そして端末セットの豊富さも魅力であり、格安SIMと同時に格安スマホが欲しいというような場合でも、自分に合った1台を見つけやすいというのもうれしいポイントです。

参考 楽天モバイル

速度や容量制限は?

楽天モバイルは通信速度が早く速度重視の方にもおすすめの格安SIMです。

通信速度はベーシックプランのみ200Kbps、その他のプランは受信時最大225Mbps、送信時最大50Mbpsとなっており、口コミでも通信速度に関してはかなり高評価です。

200Kbpsとは・・・
200Kbpsの通信というと、ウェブサイトを開くのにも数秒〜数十秒かかるレベルなのでずっとその速度で通常利用するのは少し厳しいと言わざるを得ません。
しかし、簡単なLINEのやりとりやメールなどは少し時間がかかるだけで「利用できない」というほどではないので、数日程度であれば我慢して使うこともできます。

速度制限の対象となる条件は?

制限の対象となるのは

・契約通信量を使い切った場合
・連続した3日間あたりに利用できる通信容量を超過した場合

となっており、どちらも規定の容量を超過すると通信速度は200kbpsに制限されます。

3日間の通信容量の規定はプランごとにことなり、以下のようになっています。

  • ベーシックプラン:速度制限なし(変更なし)
  • 3.1GBプラン:540MB
  • 5GBプラン:1GB
  • 10GBプラン:1.7GB
  • 20GBプラン:制限なし
  • 30GBプラン:制限なし

一ヶ月中に短期集中で大量のデータ通信をするという方はあまりいらっしゃらないと思いますが、Wi-Fiを使わずにドラマやアニメなどの動画を短期間で集中的に見たりすると制限の対象となる可能性がありますので注意しましょう。

バースト機能はあるの?

公式ページを見ている限りでは、楽天モバイルにバースト機能は無いようです。

利用者の口コミを見ていると、通信開始時の初速が早いこともあるという口コミがいくつか見つかったので、内部的にバースト機能が搭載されている可能性もありますが、過度の期待はしないようにしましょう。

とはいえ楽天モバイルの場合、低速状態でもそんなに遅くないと感じている人も多いようなので、バースト機能がないからといってとても不便だというわけでもなさそうです。

通信速度や通信制限に関しては公式ページにて確認できます。
参考楽天モバイル
バースト機能ってなに?
バースト機能というのは、低速でインターネット通信を行う際や速度制限時にページの表示開始直後の速度を早めることによって、低速状態でもスムーズにインターネットを楽しむことが出来る機能です。

料金プラン

料金プランは「データ通信専用」もしくは「通話機能付き」の2種類から選ぶことができます。データ通信専用プランの場合は必要に応じてSNS機能付のものを選択することも可能です。

  通話SIM 050データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
ベーシックプラン
(低速プラン:200kbps)
1,250円 645円 525円
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円

通信速度はベーシックプランのみ200Kbps、その他のプランは受信時最大225Mbps、送信時最大50Mbpsです。

関連記事:楽天モバイルの新大容量プランは大手キャリアより30%も安くなる

ここがポイント!
タブレットなどの利用で基本はWi-Fi環境下で利用し、極稀に外でもメールのチェックや連絡手段として使うというような場合、データ通信専用のベーシックプランを選べば驚異の月525円運用ができてしまいます。

通話オプション

サービス名 月額基本料
5分かけ放題オプション 850円

※5分以内の国内通話がかけ放題。1回の通話が5分を超えた場合、5分超過分につき30秒ごとに10円の通話料が別途かかります。

一回の通話は短いけど、ひと月で何度か電話する機会があるという方はこのオプションをつけておくことをおすすめします。

プラン変更や繰り越しの有無は?

楽天モバイルは高速通信容量の次月繰り越しに対応しており、途中で契約しているプランを変更することもできます。

旅行に行くときだけプランを変えるというような使いかたもでき、非常にコストパフォーマンスが高い格安SIMだと言えますね。

もちろん容量追加も可能となっており、300円/100MBで購入することができます。

各プランの最低利用期間

楽天モバイルの場合、データSIMには最低利用期間がありませんが、通話SIMの場合には利用開始月(SIMカードの到着日が含まれた月)から12カ月間の縛りがあります。

最低利用期間前の解約には違約金9,800円がかかるので、短期利用をされる方で通話SIMを検討されている方は注意が必要です。

楽天モバイルがおすすめの方はこんな人

最後におすすめポイントのおさらいと、どんな人におすすめかという点をまとめておきます。

おすすめユーザー(利用環境)その1

■おすすめユーザーその1:楽天のサービスをよく使う方

楽天モバイル最大のメリットは楽天ポイントがたくさん溜まるという点です。

これは普段楽天市場など、楽天のサービスをよく利用する人ほどその恩恵を強く受けることができます。

スマホは楽天モバイル、買い物は楽天市場、それぞれの決済は楽天カード、カードの引き落としは楽天銀行といった使い方をすれば、驚くほどポイントがたまり、何も意識せずにバラバラのサービスを使う時と比べると雲泥の差となります。

たまったポイントで新しいスマホを買うこともできますし、自分へのご褒美に楽天市場で好きなものを購入することもできるので「ポイント貯めるのとかあんまり得意じゃない」という人でも、楽天のサービスにすべてまとめてしまえば楽してポイントがたくさんもらえるので、まさに一石二鳥です。

おすすめユーザー(利用環境)その2

■おすすめユーザーその2:スマホとセットで契約したい方

せっかく安い格安SIMでも、対応端末が少なかったりセット販売されている機種が少なかったりすると魅力が半減してしまいます。

そんな中、楽天モバイルであれば端末セットの選択肢が多く、どんな人でも手軽に格安SIMを使い始めることができます。

さらに、端末セットが安くなる「コミコミプラン」もありますので、うまく使えば初期費用も月々の料金も抑えることができるので「格安SIMって難しそう」という方でも簡単に安く格安SIMを始めることが可能です。

関連記事:楽天モバイルの「秋の大特価キャンペーン」で格安スマホが激安スマホに!

おすすめユーザー(利用環境)その3

 ■おすすめユーザーその3:バランスの良い格安SIMが良い方

格安SIMには、「業界最安値」「業界最速」などのうたい文句がありますが、実は特化型の格安SIMを見つけるよりもバランスのとれたコスパの良いものを見つける方が大変だったりします。

楽天モバイルは他の格安SIMと比べてもコスパが非常に高く、速度良し、料金良し、安定性良しの優良サービスだと言えます。

とくに初めて格安SIMを利用される方は使用感に関してどうしても大手キャリアと比較してしまい、不満を感じるケースも少なくありません。
そういった方にはまず楽天モバイルの利用をおすすめします。

楽天モバイルのお申込みや詳細な情報は公式ページをご覧ください。
楽天モバイル

共有/後で読む

当サイトの更新情報は以下で配信しております。