【簡単解説!】ドコモのdカード(旧DCMXカード)ってどんなカード?

共有/後で読む

最近よく耳にするdポイントやdカード

ポインコのCMなんかでチラッとでてきて有名になりつつありますが、dカードっていったいどのようなものなのか皆様はご存知ですか?

今回は、dカードをよく知らないという方のために、dカードやdカードGOLD、dポイントカードについて、わかりやすく解説していきます。

dカードってどんなカード?

参考 dカード

dカードとは、ネットやドコモショップから申し込みが出来る注目のクレジットカードです。

このdカードというのは旧DCMXカードとほぼ同等のものですがクレジットカードにiD決済機能(かざして決済するアレです)とポイントカード機能が付いているので、クレジット決済をしない場合でもポイントカードとして提示することも可能です。

これがあるからこそ、私はコンビニに行くときはほとんどローソンしか使いません。

そもそも旧DCMXカードとは

DCMXカードというのは、ドコモが数年前から発行しているクレジットカードで毎月の携帯代金の引き落としや毎日の買い物などで利用するとドコモポイントがたまるというものでした。

他のクレジットカードと違い、溜まったポイントが機種購入時にそのまま1P=1円として利用できるので2.3年に1回は機種変更をするという人であればポイントの失効リスクというのは限りなく低いと考えられます。

このころからdカードへ移行して変わったことと言えば月々の携帯電話の支払いをdカード払いにしても、ポイントが二重で発生しなくなったことでしょうか。

昔はそれこそ利用料金に対するポイントと支払金額に対するポイントが二重取りできたり、一括請求にしていたら前回線分の料金に対してポイントが発生したりとウハウハの時期もありましたが、こういった特典は今ではなくなってしまいました。

しかし、dカードの魅力が完全になくなったかというとそういうわけではなく、むしろ使える幅が広がったことで利便性はかなり向上しています。

昔は新機種の購入時くらいしか使いませんでしたが、今は加盟店での買い物や月々の携帯代に充てたりなど、本当に色々なものをポイント購入できるようになっています。

そして、このdカードにはレギュラーカードと呼ばれる通常タイプのクレジットカードと、GOLDカードという何とも高級感ただようカードが存在します。

どちらが得なのかというのは、利用環境によってことなりますがdカードGOLDはなかなかポイントの還元率が高いので、ぜひゲットしていただきたいカードです。

もっとおとくなGOLDカード


参考dカード GOLD

dカードゴールドの魅力はなんといっても、そのポイント還元率の高さです。

なんとこのdカードGOLDを持っているだけで、ドコモの利用料金1000円に付き

100Pが付与されるGOLDステージというランクにジャンプアップすることができるのです。

無題

単純計算で毎月10,000円以上の基本使用料を払っているドコモユーザーの方は絶対にGOLDカードを持つことをオススメします。

詳しくは参考リンクからキャンペーンページを見ていただくか「dカードのレギュラーをゴールドにアップグレードするならどれくらいの月額からが得になる?」でも解説していますのでご覧ください。

GOLDカードというとハードルが高そうですが、一般的なサラリーマンだった私でも普通に持てることを考えると審査はそれ程厳しくないのでは?と思います。

dポイントカードはなんのためにあるの?

dカードの話をきくと「じゃぁ、dポイントカードっていらないじゃん」と思うかたもいると思いますが、これはあながち間違いではありません。

そもそもdカードには、dポイントカードの機能がそのまま備わっているため、わざわざ新規でdポイントカードを発行する必要はないのです。

ただ、旧DCMXカードを利用中の方で、まだdカードに切り替えをしていない方の場合は、dポイントカードを併用することによって、ドコモ以外のお店でもポイントのやり取りができるようになるというメリットはあります。

dポイントカードとは?
クレジット機能が付いておらず、ドコモ以外のお店でdポイントを貯めたり使ったりするためのポイントカード。ドコモショップやローソン等で無料で手に入れることができます。

クレジット機能も欲しいという人の場合は、もちろんdカードを契約してしまえばクレジット機能もiD機能も使えるようになるので、用途に応じて持つべきカードを選びましょうということです。

■関連記事
「dポイントカード」よりも「dカード」を持った方が2倍以上お得な理由とは

公式ページ
dカード
dカード GOLD
※スマホの方はWi-FiをOFFにした状態でないと申込みができません。申込みを検討されている方は事前にWi-Fiを切った接続してください。