スマホの画面が割れた!操作不能でデータが取り出せなくなった時の対処法

共有/後で読む

-スマートフォンをうっかり落とした時-

「あー!やってしまった!割れていませんように…」

などと考えながら拾い上げてみると、どうやら画面は無事な様子。

「良かった、良かった」

..と安心したのもつかの間、操作をしようと画面をタップしたら

「あれ?画面が動かない!」

こんな経験は皆さまにもありますでしょうか?

落下による画面破損や、ぱっと見では破損していないのに操作ができなくなってしまった時の絶望感は、もう二度と経験したくない類のものです。

しかし、こんな事故は日常茶飯事。

そこで今回は、スマホが操作不能に陥った場合に、データの救出方法をいくつかご紹介しましょう。

パターン別!液晶破損時の対処法

スマホの画面破損、いわゆる液晶破損という症状は意外と色々なパターンがあります。

画面は表示されているが操作ができない場合や逆に画面は真っ暗だけど操作はどうやら出来ているという場合もしくはその両方ということもありますね

今回はこれらをパターン別で紹介していきます。

まずは一番多いであろう画面割れや、画面にうっすら亀裂が入り表示はできているが操作ができなくなってしまったスマートフォンからデータを救出する方法をご紹介します。

表示は出来ているが操作はできない場合

この場合は直接タッチパネルを使って操作することができないので外部接続できるマウスや普段パソコンで利用しているマウスをAndroidスマートフォンで接続できるようにする変換アダプタを利用して画面を操作します。

Bluetoothのマウスでも可能ですがBluetoothで接続する場合は事前にペアリングという設定が必要なので操作不能状態になってから接続することはできません。

有線のUSBマウスをお持ちの方はこのような変換アダプタを購入しましょう

このアダプタを使えばお使いのUSBマウスをスマホに接続することができます。アダプタは比較的安価で購入できますので、Amazonや楽天市場からご購入ください。

現在パソコンでは無線のマウスを利用されている方や、パソコン自体をお持ちでない方は以下のようなスマホ用有線マウスを購入しましょう

アダプタよりは少し高なってはしまいますが、普段使いもできるのでオススメです。

操作はできるが画面操作ができない場合

これは、稀なケースですが音や通話状態などから操作ができていることはわかっても表示が真っ暗になってしまい画面が映らない場合の対処法です。
筆者もタブレットをフローリングに落としてこれと同じ目に遭ったことがありますが、本当に泣きそうになりました。

この場合、スマートフォンの画面を外部媒体に表示させることにより解決することができます。

表示させる外部媒体は主にテレビやパソコンのモニターなどですが、これにはMHLケーブルもしくはHDMIケーブルを使って接続します。

MHLケーブルというのはスマホのmicroUSBとモニターを一本の線でつなぐもので片方がmicroUSBもう片方がHDMIになっています。
以下の画像のようなものですね。

ケーブル自体はそんなに高くないので、ひとつもっておくと色々使えそうです。
ちなみにMHLケーブルは接続するときにスマホを充電する充電器を使用するタイプが一般的です。

MHLケーブルが接続できるかどうかは機種に依存するようですが私が持っているスマホだとGalaxyの旧モデル以外なら全て利用できます。Galaxyの最新モデルをもっていないのでわかりませんが、もしかすると最新モデルなら接続できるかもしれません。

MHLケーブルを利用できない機種の場合はHDIM変換ケーブルとHDMIケーブルを使って外部出力します。

この変換アダプタとHDMIケーブルを併用して外部出力しますので、HDMIケーブルをお持ちでない場合は別途購入する必要があります。とはいえ、今や大体の映像出力がHDMIで行われているのでおそらく1本くらいはおもちではないかと思います。

画面表示も操作もできない場合

この場合は個人レベルで対処するのは非常に難しいです。

古くてもいいから電話帳データだけでもという方は以前使っていたケータイやスマホが家にあるならそこからデータ移行することも可能です。

電源が上がらない場合も電池を入れ替えれば普通に使えることもあるので一度ショップに持って行って確認してもらいましょう。

どうしても今のスマホからデータを救出したいという場合は、データ復旧サービスに依頼することもできます。

ただし、データ復旧業者を選ぶ時は個人情報の取扱いに関して記載のあり、費用がある程度明確になっているものを選ぶようにしてください。

データ復旧サービスについてはこちらのページが参考になるかと思います。

リンク先のページでも紹介していますが、お困りの方のためにデータの復元と修理を同時に行ってくれるイースターモバイルというデータ復元サービスをご紹介しておきましょう。

イースターモバイルというのは、ソフトバンク等の各種雑誌に執筆中のIT弁護士、河瀬季(かわせとき)氏と 「ミヤネ屋」「ニュースな晩餐会」等に出演され話題沸騰中のネットセキュリティの第一人者である石川英治(石川英治 )氏が協力タッグを組んで立ち上げたスマートフォン専門のデータ復元サービスです。

警察や弁護士からの依頼も多数抱えている人気と実力のあるサービスなので、その質は疑う余地もありません。

このサービスの一番のポイントは成果報酬形式で依頼できるという点で、これにより「データの復元はできなかったのに高額の請求だけが残った」ということは起こりません。

詳しい内容はデータ復旧サービスの選び方と安心して使えるおすすめのサービスを読んでいただくか、イースターモバイルの公式ページをご覧ください。

-関連記事-

データ復旧サービスの選び方と安心して使えるおすすめのサービス

写真データがあるか確認する方法

SDカードが正常に動作しているか確認する方法

スマホやSDの写真が消えた(ギャラリーに写真が表示されない)場合の対処法

スマホの画面が割れた!操作不能でデータが取り出せなくなった時の対処法

徹底解説!スマホの「データ消失」時の対処法|スマホのトラブル解決法

徹底解説!スマホの「水濡れ・破損・紛失」時の対応と未然に防ぐ方法|スマホのトラブル解消法

共有/後で読む

当サイトの更新情報は以下で配信しております。

トラブル続きで買い替えを検討している方は

スマホのトラブルが続き、今の機種もそこそこの期間使っているし買い替えも視野に入れているという方には、格安SIMへの変更をおすすめしています。

「でも、格安SIMってなんだか難しそう」
という方は当サイトの「格安SIMパーフェクトガイド」を見て頂ければ、格安SIMのことがわかるようになっていますので、ぜひ一度ご覧ください。