AndroidOSに隠された「隠しゲーム」をプレイする方法

AndroidOSには、それぞれのコードネームがあるのをご存知の方も多いと思います。
現在最新のOSはAndroid7.xであり、Nougat(ヌガー)というコードネームがありますね。

では、そんなAndroid OSには、隠されたゲームが搭載されているのをご存知でしょうか?

長くAndroidを使っている人の中でも知らない人が多いこの機能。
今回は最新のAndroid7.xに隠されたゲームと、歴代シリーズの隠しゲームをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

Android7.0(Nougat )に隠された「猫あつめゲーム」

このゲームは過去シリーズより「イースターエッグ」と呼ばれていて、知る人ぞ知る隠し要素となっています。

今回のAndroid7.0で遊べるのは「Android Neko」と呼ばれる猫を集めるゲームです。

やり方はとっても簡単なので、皆さんも一度プレイしてみてくださいね。

手順1

「設定」から「端末の状態」を開き、「Androidバージョン」と書いてある項目を連打(連続タップ)します。

手順2

このように「N」が表示されますので、この「N」を長押ししてみましょう。
画像のように「ネコのアイコン」が小さく表示されれば成功です。

手順3

画面上部から中央へ指をスワイプさせ、ステータスバーを表示させます。
画面右上にある「^」をタップし、ペンのマークをタップすると、ステータスバーに常駐させておくアイコンの変更ができます。
「手順2」の後にこの操作をすると、下に小さく「????」と書かれた猫のアイコンが表示されていますので、これを長押しして常駐エリアまで連れていきましょう。

手順3

常駐エリアへ連れていくと、猫のアイコンは消滅し、変わりに「空のお皿」が表示されます。
表示された「空のお皿」をタップしてみましょう。

手順4

「空のお皿」をタップすると、ネコをおびき寄せる餌が選択できますので、好きなものを選んでください。
あとはしばらく待っていると、餌につられたネコが通知となって表示されます。

手順5

一度通知された猫は「空のお皿」や「餌」のアイコンを長押しすることで見ることができます。
どうやらかなりの数がいるそうなので、コツコツ集めてみてはいかがでしょうか?

Android過去シリーズのイースターエッグ

過去シリーズのイースターエッグは基本的に「Androidバージョン」を連打したあとに、長押しや連打をすることによって表示を変更することができます。

比較的新しいシリーズは最終的にゲームが開始されますが、そうでないものもあるようです。
ちなみに、Android過去シリーズのコードネームを時系列順に並べるとこんな感じの甘ったるい内容です。

1.0  Android (Base)
1.5  Cupcake (カップケーキ)
1.6  Donut (ドーナッツ)
2.0  Eclair (エクレア)
2.2  Froyo (フローズンヨーグルト)
2.3  Gingerbread (ジンジャーブレッド)
3.0  Honeycomb (ハニカム)
4.0  Ice Cream Sandwich (アイスクリームサンドウィッチ)
4.1~4.3  Jelly Bean (ジェリービーン)
4.4 KitKat (キットカット)
5.0~5.1 Lollipop (ロリポップ)
6.0~6.0.1 Marshmallow (マシュマロ)
7.0~7.1.1 Nougat (ヌガー)

それぞれの名前にちなんだ「ドロイド君」が見られたり、ゲームが楽しめたりします。

Jelly Beenのイースターエッグ

画面に大きく、ジェリービーンドロイド君が表示されます。

これを長押しすると….

増えたw

指で弾き飛ばすことが可能です。

KitKatのイースターエッグ

シンプルな「V」からの

 

KitKat風のデザイン

 

最終的にはこんなオシャレなデザインになります。

タップするとタイルが入れ替わったりして、面白いです。

Lollipopのイースターエッグ

真ん中に小さく「Lollipop 」
(背景は待ち受け画面です。)

おっきくなったり

 

色が変わったりします。

最終的には、「糸通し」のようなゲームが始まります。
そして、このネームかなりの鬼畜難易度です。

しばらくやりましたが、1回もできませんでした。

ちなみに、「Marshmallow」も同じようなゲームが遊べます。

 

これ以前のシリーズに関しては、手持ちのスマホでは確認できませんでした。
家に古いスマホが眠っているという方は、ぜひそちらでも試してみてくださいね。

スポンサーリンク