簡単便利!スマホの画面や動画を「ワイヤレス」でテレビに出力する方法

共有/後で読む

「スマホの画面をテレビ出力したい!」と考えた場合にとれる手段は「有線接続」「無線接続」のふたつがあります。

有線接続の方が接続が簡単ですが、コードが気になるという方もいらしゃることでしょう。

その点無線接続であれば、まさにワイヤレスなのでテレビ周りをスッキリさせることができますよね。

しかし、無線接続の場合は、有線接続よりも種類が多く、間違ったもの購入すると使えなかったり、「こんなはずじゃなかった!」なんてことも起りえます。

そこで今回は、スマホをワイヤレスでテレビ出力できる機器の中で人気のある4つの製品「Chromecast」「Fire TV Stick」「Apple TV」「Miracast」の特徴をそれぞれご紹介しましょう。

-関連記事-

超簡単!AndroidスマホやiPhoneの画面をテレビに出力する方法(有線接続)

最新!スマホでも使える動画サービス徹底比較!2016年版

格安STB!dTVターミナルを一年使ってみた感想

dTV使用歴4年の筆者がdTVのメリット・デメリットをまとめました

Chromecast

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Chromecast ブラック GA3A00133A16Z01 グーグルクロームキャスト
価格:4778円(税込、送料無料) (2016/9/26時点)

対象機種:Androidスマホ/タブレット・iPhone・iPad
Wi-Fi環境:要

Chromecastの特徴

Chromecast(クロームキャスト)という名前は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

上の画像は第二世代のものですが、第一世代のChromecastが発売された時はかなり話題になって、勢いで購入した人も結構いらっしゃったはずです。

このChromecastは、当初互換性のあるアプリ(dTV、Hulu、U-NEXTなど)をストリーミング投影し、スマホを「リモコン」として使うことが一般的でした。

しかし、最近ではAndroidスマートフォンやタブレットの「ミラーリング」にも対応しているので、多くのAndroidスマホの画面をそのままテレビに出力することができるようになっています。

ただ、Chromecastというのは「Google製」なので、iPhoneとの互換性は弱く、iPhoneの画面に表示されているものをそのままテレビへミラーリングすることはできません。※対応アプリの出力は可能

iPhoneユーザーであればこれ以外のものを購入する方が良いでしょう。

Chromecastはどんな人におすすめ?

Androidユーザーで、動画配信サービスを契約しており、それをテレビで見たいと考えている人に最もおすすめです。

Chromecastは比較的安価で手に入るメディアストリーミングデバイスなので、導入しやすいのが良いですね。

Fire TV/Fire TV Stick

■Fire TV Stick(4,980円で買える低価格版)

■Fire TV(4k動画対応のハイパフォーマンス版)

対象機種:Androidスマホ/タブレット・iPhone・iPad
Wi-Fi環境:要

Fire TV/Fire TV Stickの特徴

まずは「Fire TV」「Fire TV Stick」の違いですが、基本的な違いは「処理能力」と「価格」です。

「Fire TV」4K動画もストリーミングできるほどハイパフォーマンスであり、動画の読み込みも「Fire TV Stick」よりサクサクできます。

それだけに、販売価格がFire TV Stick(4,980円)よりも高く、「12,980円」で販売されています。

個人的には、価格の差ほど性能の差を感じないので、はじめての方は「Fire TV Stick」でも十分だと思います。

ただ、画質にこだわりのある方は迷わず「Fire TV」の方を購入しましょう。

どちらの機器も「iPhone」「Android」共に利用でき、各種動画サービス(Amazonビデオ、Netflix、Hulu、YouTubeなど)が簡単に楽しめます。

もちろん、スマホの画面をそのままテレビ画面へ出力する「ミラーリング」にも対応しているので、今回紹介している4つの中では一番おすすめです。(とくにFire TV Stickはコスパも最強です)

Fire TV/Fire TV Stickはどんな人におすすめ?

このFire TV/Fire TV Stickは基本的に全ての人におすすめです。
どれを買おうか迷っているのであれば、これにしておくのが鉄板だと言えます。

Amazonプライム会員の方ならば、Amazonビデオが非常に快適に楽しめるので、迷う理由すらありません。

Apple TV

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新品Apple/アップル TV【MD199J/A】送料無料
価格:11700円(税込、送料無料) (2016/9/26時点)

対象機種:iPhone・iPad・Androidスマホ/タブレット
Wi-Fi環境:要(有線LANでも可)

Apple TVの特徴

Apple TVは今回紹介している中でも比較的高価なイメージがある機器ですが、それだけにやはり性能は抜群です。

そもそもApple製品というのは、Apple製品同士の互換性が非常に高く、「Android」と「Chromecast」のミラーリングよりも「Apple TV」と「iPhone」のミラーリング(Air Play)の方が安定性も高く、反映速度はピカイチです。

ゆえに、iPhoneユーザーが「テレビに出力したい」と考えるのであれば最有力候補となることは間違いないでしょう。

さらに、「Apple TV」は無線LANではなく有線LANでも使えるというメリットもあります。

Wi-Fi環境ではあまり速度が出せない家庭や安定性を求めるのであれば「iPhone」×「AppleTV」×「有線LAN」が最強です。

Apple TVはどんな人におすすめ?

Apple TVを使うならやはりiPhoneユーザーですが、Androidユーザーでも「有線LAN」が使いたい場合においては選択肢に入れるのもありだと思います。

販売価格が少し高いので、動画サービスなども含めて本格的に楽しみたい人に向いています。

安定性を求める方もApple TVなら一番安心して利用することができるので、少々高くても問題ないという方は間違いなく「買い」です。

Miracast(ELECOM Miracastレシーバー)


対象機種:Androidスマホ/タブレット
Wi-Fi環境:不要

Miracastレシーバーの特徴

結構勘違いしている人も多いですが、実はMiracastという「商品名」ではありません。

Miracastというのはあくまでも「1対1の無線通信によるディスプレイ伝送技術」であり、その機能を搭載した商品のことをMiracastと呼ぶ人がいるということです。

Miracastを利用した機器というのはたくさん発売されており、超激安のものから、本格的なものまで幅広く存在します。

その中でも筆者がおすすめするのはELECOMから発売されている「Miracastレシーバー」です。

この「Miracastレシーバー」は、安価で購入できるMiracast製品の中でも人気があり、Wi-Fi環境がなくても利用することができるので、どんな人でも手軽に使い始めることができます。

言ってしまえば「超簡単!AndroidスマホやiPhoneの画面をテレビに出力する方法(有線接続)」でも紹介していた「MHLケーブル」の無線版のような製品なので、基本的にスマホの画面をそのままテレビに出力するためだけに利用する製品です。

それさえ出来れば問題ないし、むしろ余計な機能は必要ないという人にもコチラが最もおすすめだと言えます。

 Miracastレシーバーはどんな人におすすめ?

この製品は無線LAN環境が不要なので、Wi-Fi環境が無い場所でも使いたいという方ならばコチラが最もおすすめです。

お仕事などで、色々な場所で使うという場合にはとても便利ですね。

ただし、動画を出力する場合、若干力不足を感じることもあるかもしれないので、動画視聴をメインに使うのであれば、上で紹介していた「Fire TV Stick」や「Chromecast」の方が使いやすいかもしれません。

※「Fire TV Stick」や「Chromecast」Wi-Fi環境が必要です。

テレビ出力におすすめの動画サービス

スマホの画面がテレビ出力できるということは、各種動画サービスをテレビの大画面で楽しむことができるようになります。

「スマホで映画はなぁ…」と思っていた人も、これならDVDを借りてくるよりも圧倒的に早く、楽にできるので、とてもおすすめです。

有名な動画サービスはいくつかありますが、ここでは筆者のおすすめを3つご紹介しておきま。

どれも無料お試し期間がありますので、面倒でない方は一度3つ登録して、一番良いものを残すようにすれば、自分にあったものが簡単にわかります。

ワンコインで手軽に楽しめる「dTV」

筆者がなんだかんだで一番ながく使っているのが、このdTVです。

月額料金が500円と安く、「映画」「ドラマ」「アニメ」「音楽」とあらゆるコンテンツが楽しめます。

作品数が少ないと思われがちですが、17ジャンル・約120000作品もあり、毎月追加されていくので、飽きずにずっと視聴し続けることができます。

ドコモユーザーの方はクレジットカード無しでも登録できるので、気軽に始められますよ。

■現在配信中の作品やお申し込みは公式ページをご覧ください。

公式ページ「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス

有名作品が多く映画もドラマも充実している「Hulu」

サービス開始当初から、多くの利用者に愛されている「Hulu」

有名作品数が占める割合が多く、とくに海外作品の充実っぷりが素晴らしいサービスです。

月額料金は933円ですが、これだけのコンテンツがこの料金なら、余裕で元をとれるレベルなのではないでしょうか?

「ドラマ作品」もかなり多いので、映画より続き物のドラマが好きという方には、こちらがおすすめです。

■現在配信中の作品やお申し込みは公式ページをご覧ください。

公式ページHulu

圧倒的なコンテンツと配信速度で満足度MAX「U-NEXT」

動画コンテンツが大好きという方の多くが契約している「U-NEXT」

その人気の秘密はやはり、人気作品の多さと配信速度でしょう。

一度公式サイトのランキングを見てもらえばわかりますが、どれも有名な作品ばかりが並んでおり、どれを見ようか逆に悩んでしまうほどです。

月額はこの中では一番の1,990円/月ですが、毎月DVDを借りているような人にとっては1990円の価値が十分に感じられるのではないでしょうか?

無料お試し期間が最もお得に感じるサービスなので、一度試してみてくださいね。

■現在配信中の作品やお申し込みは公式ページをご覧ください。

公式ページU-NEXT