mineoのフリータンクが画期的!やさしい世界でしか通用しない「ユーザーみんなでパケットシェア」

共有/後で読む

皆様はmineo(マイネオ)のフリータンクというサービスをご存知でしょうか?

家族でデータ量をシェアしたり、友人に余ったデータ量をプレゼントするなんていうことが多くの通信事業者で可能になっていますが、マイネオではなんとユーザー同士で余ったデータ量を一括で貯めたり、引き出したりすることができる「フリータンク」というサービスがあります。

「そんなの引き出す人の方が多いでしょ」と思ったあなたは筆者と同じ考えですね。

しかし、この「フリータンク」なかなかうまい仕組みになっているのです。

フリータンクの仕組み

mineo

まず、フリータンクというものは、mineoユーザー全員が使える大きなタンクというイメージです。

ユーザーはここに、余ったデータを寄付するような形で貯めていき、必要な人はこのタンクからひと月あたり2回まで(合計1GBまで)データ量を引き出すことができます。

余ったデータ量を入れることに上限はなく、10MB単位で入れることができ、その時に一言コメントを残すことができます。

このコメント欄がなんとも暖かい空気に満ちており、「自分は必要ないからどうぞ」という方が多くいらっしゃって「やさしい世界なんだな」と教えてくれます。

引き出せるのは毎月21日~末日までと決まっていますが、熊本地震の際には地震発生の4月14日の翌日から引き出せるようになっていました。

緊急時の柔軟な対応は高く評価されており、こうした助け合いができるのも「フリータンク」というサービスの良いところです。

他にもたくさんあるmineoの良いところ

格安SIM事業者の中でもmineoは「料金が安い」「サポート面が良い」と人気があり、多くのユーザーを抱えている注目の事業者です。

当サイトでも「mineo(マイネオ)ってどんなサービス?流行りの格安SIMを調査」という記事で詳細をご紹介しておりますので、興味のある方はご覧ください。

公式ページ:mineo

共有/後で読む

当サイトの更新情報は以下で配信しております。