LINE電話のメリットとデメリットを簡単解説

共有/後で読む

最近、LINEに追加された機能で

LINE電話というサービスはご存知ですか?

うーん間違いではないですね

ただ、それだけだと少し語弊があるので

簡単に解説していきましょう。

LINE電話とは

LINEの無料通話というのは

LINEのアプリを使ってIP電話をかけられるサービスで

日本国内のほとんどのスマホユーザーが

LINEを利用しているという背景から

LINEを使っている人にならキャリアフリーで

何分でも無料通話が出来るという

画期的なサービス

…………だったと言えます。

過去形にしたのは理由があり

現在では三大キャリアで当たり前のように

通話がカケホーダイとなっているので

この無料電話機能というのはあまり使われなくなり

LINEと言えば、文字や写真

スタンプのやりとりをするものとして

認知されているという背景があります。

しかし、このLINEの通話機能

最近サービス内容が進化し

LINE電話というサービスが始まっています。

このLINE電話には従来の

無料通話機能と大きな違いがあり

それが売りとなっているのですが

皆様はご存知でしょうか?

LINE電話のここがスゴい!

まず今まで、LINEの通話機能を使うには

発信側、着信側共にLINEのアプリを

インストールしていなければいけなかったのですが

LINE電話はその前提からして違います。

場合によっては通話料が発生するかわりに

LINEアプリをインストールしていないスマートフォンはもちろん

ガラケー、家や会社の固定電話まで通話が可能になったのです!

「お金かかるんじゃ意味ないよ」

そう思う人もいる多いと思いますが

LINE電話のメリットはそこではありません。

では、一体なにがメリットなのか

それをお話する前に簡単にLINE電話の仕組みを

確認していきましょう。

LINE電話のしくみ

LINE電話の仕組みは簡単に言うと公衆電話に近く

先に通話料を払って、その分利用するというものなので

思わず使いすぎてしまうということもありません。

(逆に通話中にクレジットが足りず、切れてしまうことはありますが)

もう少し詳しく説明すると

コールクレジットというものを購入し

それを使って通話機能を利用します

tempFileForShare_2015-05-23-02-00-24

因みに通話の単価(国内)は

▼携帯電話への通話

1分14円(”固定と携帯”の30日プランだと1分6.5円)

▼固定電話への通話

1分3円(”固定”の30日プランだと1分2円)

因みに国内の色々なお店にかける場合は

LINE@アカウントや電話帳データベースなどを元にした

約650万のお店や施設が10分無料で通話できるといううれしい

特典付になっています。

これだけでもなかなかなのですが

真価を発揮するのは海外への通話

主要国の例を挙げておきますと

●アメリカ (固定/携帯)

1分1円

●中国 (固定/携帯)

1分2円

●インド (固定/携帯)

1分2円

●カナダ (固定/携帯)

1分1円

●シンガポール (固定/携帯)

1分1円

●オーストリア (固定/携帯)

1分2円/1分9円

●スペイン (固定/携帯)

1分2円/1分9円

どうですか?この安さなら気軽に海外にもかけられますね

因みに

●海外から日本 (固定/携帯)

1分3円/1分14円

これは国内でかけた時とかわらない料金ですね

では、料金のこともわかったので

LINE電話のメリットとデメリットを挙げておきましょう。

LINE電話のメリット

料金的に見ると国内の場合すでに

カケホーダイプランにされている方にとっては

あまりメリットがないかもしれませんが

カケホーダイプランにあえてしていない人で

お店や施設、固定電話によく電話する人や

たまにしか通話機能を使わない人

あとは、海外に電話をする場合に関してはかなり安いと言えます。

他には最近流行っている

格安スマホ/格安SIM(MVNO)を利用している方

この場合

格安SIMのプランにもよりますが、LINE電話を使ったほうが

安くなる場合も多いと考えられます。

因みに私が調べたところ、

発信のみであればデータ専用の契約でも通話できるとのことでした。

因みにこういった無料電話や格安電話サービスで利用される

IP電話というのは、通話品質が低いものも多いですが

私が使用した限りでは、LINE電話の通話品質はなかなか

高いのではないかと思います。

感じ方の問題なので当然人それぞれですが

実使用にも支障のない品質だと私は思います。

以上のメリットをまとめると

  • カケホにしていない人は断然お得!
  • カケホにしている人でもよく海外に通話する人はお得!
  • 格安SIMや格安スマホの通話機能として使える!
  • データ専用のプランでも通話が出来る!
  • 他のサービスより比較的高品質!

こんなところではないでしょうか?

LINE電話のデメリット

まず1番辛いのは着信側がドコモの場合

着信時、非通知の表示になること。

たまに利用するだけなら問題ないですが

常用しようと考えた時に毎回非通知になるのでは

ちょっと使い辛いかもしれません。

他には、他の通話サービスと比べると品質は高いものの

やはり通常の通話や特にVoLTEの通話と比べると、

タイムラグがあるということもデメリットとして挙げられます。

iPhone6,iPhone6PlusがVoLTE対応したという話
たまにはタイムリーな話題を 今日お昼にスマホのニュースを見ていると ドコモのiPhoneがVoLTEに対応したという記事を見つけ...

これは慣れればどうということもないのですが

逆に高音質通話に慣れている人には

使いづらく感じるかもしれません。

後は少し考えれば当然なのですが、

データ専用契約の場合、着信が出来ません。

こういった通話サービスというのは

基本的に発信専用サービスです

ここは割り切って考えるしかなさそうです。

さて、デメリットの方もまとめると

  • 着信側で非通知になることがある
  • 通話にタイムラグが生じる
  • データ専用契約でも利用できるが、着信ができない

こんなところでしょうか?

因みに、このLINE電話を使うには携帯電話番号での認証が必要です。

一部、Facebookでのみ認証されている方は

LINE電話が利用できないので

注意して下さい。

こういった格安サービスや便利なサービスというのは

今後どんどん新しいものが出てきます。

新しいものを取り入れるのが苦手な人も多いかもしれませんが

今に固執せず、シーンによって新しいものも取り入れていくのが

スマホを使いこなす第一歩になりますよ

インターネットの固定回線費用をおさえる大切な3つのポイント
いつもはスマホの記事ばかりですが たまにはお得な記事も書いてみようと思います インターネット関連の固定費というの...