スマホ(Android/iPhone)やAirPods用ワイヤレス充電器の失敗しない選び方!

 スマートフォン(Android/iPhone)AirPods(エアーポッズ)Apple Watch(アップルウオッチ)など、今では幅広い製品が、ワイヤレス充電に対応しています。
 ワイヤレス充電は、毎回充電コードを接続する必要もなく、簡単に手早く充電できるのが最大の魅力です。

 一方で、従来の有線で使用する充電器と比べると、ワイヤレス充電器にはいくつかの種類があり、適当に購入して「使いづらい」「充電が遅い」などの失敗をしてしまうこともままあります。

 そこで今回は、ワイヤレス充電器の種類や失敗しない賢い選び方をご紹介しましょう。

ワイヤレス充電器を選ぶ時に確認すべき3つのポイント

 適当に選んで失敗しないために、ワイヤレス充電器を購入する前に確認しておきたい3つのポイントをご紹介します。

利用シーン

 生活スタイルは人それぞれで、スマホを充電する場所や状況には意外と違いがあります。

 ワイヤレス充電器には、普通にスマホを置くだけのタイプだけでなく、立て掛けて利用するタイプなどもあるため、「いつ」「どこで」「どのように」利用するのかを明確にしておく方が良いでしょう。

 例えば、動画視聴中に充電する場合、置き型のワイヤレス充電器ではあまり使い勝手がよいとは言えない状態になります。立て掛け型ならば、スマホスタンド代わりに利用しながら充電することができるので、動画視聴が多い人にはとくにおすすめです。

同時に利用するデバイス数

 スマホを2台持ちしている人や、家族で充電器を使い回す人、iPhoneとAirPods(エアーポッズ)を同時に充電したい人などは、同時に利用するデバイス数を必ず確認しておきましょう。

スマオ

ごめんこれ、一人用なんだ

 とくにスマホを2台同時に充電したい場合は、大型のワイヤレス充電器多機能型のワイヤレス充電器が必要になります。

 iPhoneとAirPods(エアーポッズ)、Apple Watch(アップルウオッチ)の全てを同時に充電できる3in1タイプなどもあり、一人で複数デバイスを利用している人におすすめです。

対応規格とw数

 ワイヤレス充電を利用したいスマートフォンによって、対応規格が異なりますが、現在国内で販売されているスマートフォンの多くはQi(チー)規格に対応しています。

主なQi(チー)対応機種
  • iPhone8/8Plus/
  • iPhone X/XS/XR
  • Galaxy S6 Edge+、S7/S7Edge、S8/S8+、Note8
  • Pixel 3 / 3 XL など
 

 Androidスマートフォンの場合、背面に以下のようなQi規格のマークがあれば利用できます。

 そして、これらの機種でも、対応w数に違いがあるため、急速充電が可能なタイプとそうでないものがあります。

10W出力急速充電(QC 2.0 / 3.0対応充電器使用の場合)
 →Galaxy S9+ / S9 / S8 / S8+ / S7 edge / S7 / S6 edge+/Note 8 

7.5W出力(QC 2.0 / 3.0対応急速充電器使用の場合)
→iPhone XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus

5W出力(5V / 2A充電器使用の場合)
→ Samsung Galaxy S6 / S6 edge、 Pixel 3 / 3 XL

 急速充電タイプのものをお求めの際は、使用するスマートフォンが7.5w出力以上に対応しているかどうかを必ず確認しましょう。

おすすめのQi対応ワイヤレス充電器3タイプ

 以上の3つのポイントを確認したら、あとはワイヤレス充電器を購入するだけなのですが、Amazonや楽天市場などで検索すると、ワイヤレス充電器だけで物凄い数の商品がヒットします。

 どれがいいのかわからないという方のために、筆者がおすすめするワイヤレス充電器をご紹介しておきましょう。

 速さを求める急速充電タイプ

 急速充電ができるワイヤレス充電器なら、以下の3つがおすすめです。

▼iPhone利用者におすすめ急速充電(7.5w出力)タイプ

7.5W 出力対応急速充電タイプ|iPhone 8/ 8 Plus/X/XS/XS Max/XR

 現在のiPhoneは10w出力以上のタイプには対応していないため、10wと5w出力しか対応していないものを購入すると、急速充電にはなりません。
 こちらのワイヤレス充電器なら、7.5w出力に対応しているため、急速充電で快適に利用できます。

▼Galaxy S9 / S8 / S8+利用者におすすめ10w出力タイプ

充電効率を高め、Samsung製Galaxyへ10W出力によるフルスピード充電を実現

 モバイルバッテリーで有名なAnkerの製品です。このAnker PowerWave 10 Padはとてもシンプルなデザインで職場や家庭など幅広いシーンで利用できます。
 表面がゴムになっているので、スマホの滑落を防ぐことができます。

 こちらのワイヤレス充電器でもiPhoneで利用できますが、5w出力と10w出力対応のため、iPhoneで利用すると急速充電にはなりません。

▼今後のことも考えて15w出力タイプ

15w出力対応 ※画像はAmazonの製品です

 現在では対応している機種が少なく、国内で発売されているものだと、LGV30+くらいしかありません。

 今後必ず全ての機種が15w出力に対応するとは限りませんが、頻繁にスマートフォンを買い替える方ならば、今後対応機種を手にすることも考えて最大15w出力タイプを購入するのも良いかもしれません。

 動画視聴時も安心スタンドタイプ

10w、7.5w、5w出力に対応で幅広い機種で利用できます

 動画視聴中や、スピーカーで音楽再生などを行う場合、スタンド型のワイヤレス充電器が非常に便利です。

うーん楽ちん

スマコ

 こちらの製品は、縦置き、横置き共に利用でき、5mm以内の厚みがあるケースならつけたままでも利用できるので、手軽に利用することができます。

 出力は、5w、7.5w、10wに対応しています。

痒い所に手が届くアイデア商品

 「これを求めていた!」という人が意外と多いであろう、2つのタイプをご紹介します。

▼複数デバイスを同時に利用するなら大型タイプ

複数デバイスを同時に充電できる大型ワイヤレス充電器

 一度に複数デバイスを充電したい場合に役立つのが、この大型タイプのワイヤレス充電器です。

 平置きだけでなく、後ろのスタンドを立てることで、立て掛けて利用することもできるので、幅広いシーンで活用できます。

スマコ

一緒に寝てもいいですよ

▼夜寝ている間に充電するなら置時計一体型

多機能デジタルクロックとスマホ用ワイヤレス充電器がひとつに

 この充電器付き置時計は、今まで夜中に時間を確認するためにスマホの眩しい画面とにらめっこしていた方に、とくにおすすめです。
 充電機能だけではなく、アラーム、カレンダー、音感センサーなども搭載されている充実仕様となっています。

まとめ

  • 失敗しないために3つのポイントを確認しましょう
  • 使用するスマホにあった出力数のものを選びましょう
  • スタンド型や大型のものなど、利用シーンに合わせて選びましょう

 スマホの充電というのは、スマホを使っている以上何度も何度も行う作業です。少しの手間を惜しみ、適当に選んでしまうと、今後ずっと小さなストレスを感じ続ける原因となるかもしれません。

 そんな失敗をしないためにも、皆さんはしっかり選んで、納得のワイヤレス充電器を手に入れてくださいね。

関連記事

スマホのワイヤレス充電は遅い?その原因とやってはいけない失敗例